【2016オーバルスプリント(Jpn3)予想】1番人気ソルテに死角アリ!? | 本気競馬

【2016オーバルスプリント(Jpn3)予想】1番人気ソルテに死角アリ!?

スポンサーリンク

11月3日のJBCスプリントへ向けて、南関東のソルテがいよいよ始動。
前売りオッズでも堂々の1番人気に支持されていますが、
中央馬とて中央馬の意地があるというもの。果たして秋初戦でその力を
きっちりと示して、再度の中央馬撃破なるかには注目が集まるところです。

地方馬JBC勝利へ負けられない戦いが始まる。
その1番人気のソルテは今年の春も目覚しい活躍。重賞6勝を含む7連勝で
臨んだかしわ記念こそ、コパノリッキーに敗れて2着ではあったが、
続く浦和1400mのさきたま杯ではベストウォーリアを負かして交流重賞初勝利。
中央馬が勝って当然と言われる交流重賞において大金星を挙げるに至った。
ここは前日売りオッズで1.8倍という圧倒的支持を受けているが
川崎開催のJBCスプリント制覇を目標に掲げるのであれば負けられない1戦となる。
果たしてソルテに死角はあるのであろうか?

追う立場から追われる立場へ
春は中央馬打倒を掲げて挑戦する立場であったものの、このメンバーになると
受けて立つ側に回る。逃げて結果を残すことの多い馬だけにマークが厳しくなった場合
耐えられるのかどうかという不安が挙げられるが、逆に言ってしまうと
中央一戦級、コーリンベリーなどのプレッシャーを受けても崩れなかった実績を
考えると、多少のプレッシャーで崩れるようなことはないように思われる。

不安要素は負担重量か…?
不安要素といえばやはり負担重量になるのではないだろうか。前走でJpn2勝ち。
それにより今回は57kgを背負っての出走となる。これが定量戦ならば問題のない斤量だが
他ライバルが55kgという斤量で出走してくるだけにこの斤量差をどう克服するかは
このレースにおいての課題となってくるのではないだろうか。
前述の通り、逃げて持ち味を出してきた馬だけに自身はいつも通りの競馬をしていても
他馬がいつもよりも軽い斤量で更に力を出してしまえば足元をすくわれる可能性も
あると言っていいのではないでしょうか。

佐賀競馬の交流重賞サマーチャンピオンを制して勢いに乗るグレイスフルリープ
交流重賞は初参戦となるスーサンジョイといった中央の快速馬も参戦してきており
これら2頭よりも外枠を引いたソルテにとってはハナに行くならばそれなりの脚を使い、
控える競馬をするならば斤量的に恵まれた前記2頭のマイペースの逃げを
追いかける競馬となるだけに鞍上吉原騎手がどういった策をとるかにも注目でしょう。

レース当日は藤川京子さんのトークショーをはじめ様々なイベントも
開催される浦和競馬場へお時間がある方は是非脚を運んでみてはいかがでしょうか。
競馬はやはりライブ観戦が一番!今やネットでいつでも馬券を買える時代だからこそ
白熱したレースをライブで楽しむこともおススメしておきますね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA