【2016 テレ玉杯オーバルスプリント(Jpn3) 予想】 レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 テレ玉杯オーバルスプリント(Jpn3) 予想】 レース展開と馬券考察

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016 テレ玉杯オーバルスプリント [レース予想]

さきたま杯でついに統一ダートグレードレースを制した地方の雄・ソルテ。

その際と同じ浦和1400mの舞台で再び同馬の活躍が期待されるが、今回もJRA勢は強力布陣。

前年の覇者レーザーバレットを筆頭に、サマーチャンピオン圧勝のグレイスフルリープ、プロキオンS2着のニシケンモノノフ、JRAでダート1400mを4連勝中のスーサンジョイと、勢いと格を備えた実力馬達が覇権を窺っている。

雨による馬場の高速化、そして逃げ馬の多い出走メンバーから、ペースは相当速くなりそうで、レコードの予感も漂う今回、スピードの絶対値を競うレースになる事は間違いなさそうだ。

テレ玉杯オーバルスプリント 予想【◎ソルテ】

これからは常に中央の強豪と戦う事になるだろう、同馬を本命に指名する。

さきたま杯では様々な有利な条件が重なった部分も有るが、負かした相手はコーリンベリーにベストウォーリアと、ダートでJpnⅠ勝ちの有る超強豪。

かしわ記念でもコパノリッキーにこそ及ばなかったが、モーニン、ノンコノユメを下し、今回のメンバーよりもより厳しいメンバーの中で既に実力を見せ付けてきた。

左回りは2歳時の全日本2歳優駿で敗れた以外は12連対中と鬼。

左回りの重馬場という条件ではここ2年で4-1-0-0のほぼパーフェクトで、今回も王者の走りに期待が高まる。

テレ玉杯オーバルスプリント 予想【○グレイスフルリープ】

前走サマーチャンピオンで、悲願の重賞初制覇を達成した同馬が対抗だ。

やはり中央のスピード競馬で常に先陣を切って粘る姿は、同馬の高いスピード能力を如実に物語っている。

前走で小回りにも対応力を見せた点も好印象で、且つ他の中央勢が左回りに良績が無いのに対し、同馬は1-1-0-0とむしろ飛躍の予感すら漂っている。

今レースは先行争いが激化する極限のスピード勝負で、折り合い云々よりも持続力が問われるところ。

となれば同馬のしつこい粘り腰はこれ以上無い武器になり、ソルテを脅かす一番手になろう。

テレ玉杯オーバルスプリント 予想【▲タマモホルン】

3番手は地方で台頭してきた同馬を指名する。

5歳になって本格化した同馬だが、前走が圧巻の走り。

今回と同じ浦和1400mのプラチナカップで、逃げて後続を6馬身突き放すという強烈なパフォーマンスを披露、このコースでは4着以下無しと、改めてスペシャリストである事を印象付けた。

更にこのレースでの走破タイムが1分26秒6(良)と、ここに来て持ちタイムのベストを更新し、且つこの時計は例年の優勝馬並みのタイムと好調振りが半端ではない。

最内スタートで強力布陣に外から寄られる競馬になるが、スタート後の最初のコーナーまで引っ張れれば前残りは十分に有り得る。

ここは狙っていきたい一頭だ。

テレ玉杯オーバルスプリント 予想【△スーサンジョイ】

フェブラリーSこそ12着と大敗したが、1400mでは4連勝を記録した同馬が最後の一頭だ。

とにかくこの距離は走るのだが、左回りの経験は前走のみと経験はまだまだの同馬。

それは4歳馬という若さゆえ仕方が無い事でも有り、前走は距離も長かった。

同馬の良績は京都に集中しており、それを考えると坂の無い浦和コースはうってつけで、持ちタイム的にも十分チャンスは有る。

更にハンデ54kgも追い風に間違いなく、岩元厩舎で和田騎手騎乗は、かのテイエムオペラオーで紡がれた強い絆を持つコンビ。

結果を出したい一戦だろう。

2016 テレ玉杯オーバルスプリント [馬券考察]

馬券は2種類。

◎単勝と、馬複流しで◎ー〇▲△の計4点で勝負!

テレ玉杯オーバルスプリントは9月15日、浦和競馬第11レース、16時35分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA