【2016 ラジオ日本賞】 予想オッズと出走馬短評 | 本気競馬

【2016 ラジオ日本賞】 予想オッズと出走馬短評

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016 ラジオ日本賞 [出走馬短評]

3年前の2着馬ペルシャザール、一昨年の勝ち馬インカンテーション、昨年のストロングサウザー。

古馬ダートグレードでの活躍馬を輩出するステップレースとしての役割を果たしている。

今年もケイティブレイブ、ビービーバーレルの期待感溢れる3歳馬勢に、古豪ロワジャルダンとOPレースに枠に収まらない好メンバーとなりそうだ。

ラジオ日本賞 予想オッズ:ケイティブレイブ(2.3倍)

兵庫CSを勝った段階では、小回りでこその馬という評価。

そこからJDD2着、レパードS2着と積み重ねて、今や安定感なら3歳No.1。

年末の大舞台へ向かうなら、現状からさらに賞金を加算したい所。

相手が骨っぽくても、重賞でないここは勝って次へ向かいたい。

ラジオ日本賞 予想オッズ:ビービーバーレル(5.8倍)

桜花賞までは芝路線で重賞勝ち。

ダート転向初戦は古馬相手のOPレースながら2着。

ブリーダーズGCではアムールブリエには大差だったものの健闘した3着。

交流重賞戦線では地方出身馬に押されている3歳牝馬の中では抜きん出た存在。

同世代のケイティブレイブとの一騎打ちになるか。

ラジオ日本賞 予想オッズ:ロワジャルダン(11.8倍)

モレイラを擁して4着だったエルムSは、復活の狼煙なのか限界なのか。

昨年末に重賞を取り、今年のフェブラリーSで5着だった頃の勢いは感じられない。

それでもコンスタントに重賞で掲示板を確保している力なら、ここは上位争い必須。

ラジオ日本賞 予想オッズ:キクノソル(23.1倍)

OPレースでは通用する縦足の持ち主だが、如何せん相手が重賞級の3頭では分が悪い。

一角崩しは叶うだろうか。

2016 ラジオ日本賞 [レース見解]

出走叶えばケイティブレイブの連軸は鉄板級。

上位3頭での決着も可能な堅いレースになりそうだ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA