【2016京成杯AH(G3)】アノ大物関係者の裏予想を暴露! | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【2016京成杯AH(G3)】アノ大物関係者の裏予想を暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

舞台は夏の新潟から秋の中山へ~
夏休みを終えて競馬に復帰するファンも多いかとは思いますが、
夏休みを終えて活動を再開する馬主はじめ関係者も多いのです。
秋競馬第一弾は荒れるマイル重賞京成杯オータムハンデ。
しっかりと関係者動向をチェックして予想を的中させましょう!

秋のG1シーズンへ向けて好発進をしたい陣営

ダノンプラチナは昨年秋の富士ステークス勝ちが圧巻でしたが、
その後に香港遠征をしたことによりリズムが狂ったか、結局春の競馬を
東京新聞杯1戦のみで終了することになったのは誤算であったとも言える。
が、十分な充電を経てこの秋に賭ける想いは相当なものであると推測できます。
休み明けを苦にしないタイプだけにいきなりからの活躍も期待できるでしょう。
後は中山マイルを克服できるかどうか。そしてハンデを克服できるかどうかでしょう。

NHKマイルカップでも目立つ末脚を披露しての2着とマイル適性を示していた
ロードクエストがこの秋はマイル路線一本に絞って古馬挑戦。
新潟2歳ステークスで見せた末脚は未だに語り草になっていますが、
その末脚は古馬相手でも十分に通用するものと思われるだけに、
ここも末脚活きる展開になれば要警戒の1頭と言えるのではないでしょうか。
ただ、やはり力を100パーセント発揮するには長い直線が必要なタイプであり
ベストは東京のマイルという感も否めないだけに、トリッキーな中山マイルは
逆にマイナス要素となってしまう可能性があるだけに注意は必要でしょう。

サマーマイル王者を狙う陣営

関屋記念の凡走は想定外だったかもしれないが、ならばここで必勝態勢なのが
ピークトラム。中京記念2着と好走しこの夏の台風の目となるか注目されましたが
元々デビュー時からその素質は評価されてきた馬だけにここはなんとか重賞タイトルと
サマーマイル王者の称号を手にしたいところでしょう。
秋のG1戦線が目標というよりもまさにここが目標の1戦となりそうな馬だけに
メイチ勝負には警戒しておかなければならないのではないでしょうか。

ダノンリバティも勝てばサマーマイル王者が決まる一戦を迎えます。
中京記念5着。関屋記念2着と結果を出してきているだけに足りないのは勝利。
ダートもこなすようなタイプだけに力の要る馬場が向きそうな感があり
開幕週の高速馬場になった際にどうかという不安はありますが、
人気的には同馬主のダノンプラチナの方が人気するということであれば
競馬格言にある、同一馬主の複数頭だしは人気薄を狙え。に合致してくるだけに
狙い目も十分にある1頭と言えるのではないでしょうか。

このように各陣営、それぞれの思惑をもって秋初戦を迎えるわけではありますが
夏場を使ってきた馬と、休み明けの馬では仕上がり具合にも大きな差が出ます。
そして中山マイルというトリッキーなコースでのレースだけにコース適性も重要。
追加しておけば開幕週の馬場になるだけにやはり前残りには警戒が必要でしょう。
更にはハンデ戦だけにその斤量差という面もしっかりと分析しておく必要があるでしょう。

この秋の中山競馬であなたを待つのは勝利か?それとも敗北か?
勝利を期待するのは当然のことでしょうが、そのためには勝利へと導く
必勝予想をすることが重要なのは間違いありません。
夏競馬の成績がイマイチだった方は思い切ってこの秋から予想スタイルを
変えてみるのもいいのではないでしょうか?

ともかく、これから始まる秋競馬を目一杯楽しみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA