【2016 WAJS第2戦 予想】レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 WAJS第2戦 予想】レース展開と馬券考察

2016was

2016 WAJS第2戦[レース予想]

国内外の一流ジョッキーが集結するWAJSの第2戦。

外国人騎手の来日が珍しくなくなったとはいえ、まだまだ世界の一流どころを見る機会は少なく、馬券以外でも楽しみが大きい一戦。

フェスティヴイェル以外の13頭はすべて「初騎乗」となるが、中には鞍上強化となる馬もいて、近走成績を度外視して狙ってみるのも一つの有効な手であることは間違いなさそうだ。

WAJS第2戦 予想【◎ ヤマイチパートナー】

前走は距離適性を考慮しての格上挑戦だったが、積極的に動く競馬で0秒7差5着は立派。

遡れば3歳時には菊花賞にも駒を進めた素質馬。

確かに馬自身の距離適性はもう少し長めといったところだが、2走前に函館芝2000で0秒2差3着なら不安はないか。

自己条件に戻れば、この距離でも力の違いを示したい。

WAJS第2戦 予想【○ サクラボールド】

久々の前走が0秒3差6着。

9歳馬の久々を思えば十分すぎる内容で、改めて洋芝適性の高さを示した形。

勝ち切るまでのイメージが沸かないというのが本音だが、今回は鞍上にモレイラ騎手。

鞍上込みでの2番手評価。

WAJS第2戦 予想【▲ ベルニーニ】

自己条件に戻れば即巻き返しというタイプではないが、2走前8着が見せ場たっぷりの好内容。

鞍上に昨年の高知リーディングジョッキーの永森騎手。

追ってしぶといタイプだけに、如何にも合うイメージ。

WAJS第2戦 予想【△ ワールドレーヴ】

前走は最後方からメンバー最速となる34秒2の末脚。

最後、差し込んでどこまで…というタイプだけに、単までの信頼を置けないが、連系なら丁度いいところか。

2016 WAJS第2戦 [馬券考察]

馬単BOX12点。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA