【2016 札幌日刊スポーツ杯 予想】レース展開と馬券考察 | 競馬予想・オッズ・追い切り情報・サイン馬券なら[本気競馬]

【2016 札幌日刊スポーツ杯 予想】レース展開と馬券考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016 札幌日刊スポーツ杯[レース予想]

函館・札幌の芝2600は特異条件ではり、この舞台専門という馬も多い。

この距離[1-1-0-0]のメゾンリーと、[1-0-0-0]のウインヴォラーレ、ステイブラビッシモはそのクチか。

初距離でもまとめて負かす可能性は3歳馬ウムブルフ。

春は皐月賞にも駒を進めた好素材だ。

札幌日刊スポーツ杯 予想【◎ メゾンリー】

この距離[1-1-0-0]と、菊花賞馬の父アサクサキングスによく似たステイヤータイプ。

前走まったく寄せ付けなかった2着馬クラシックエースは、次走アッサリと500万特別を快勝と、メンバーのレベルも低くはなかった。

叩き3戦目でまだまだ上積み見込める状態。

ここで結果を出せば、秋の大舞台も見えてきそうだ。

札幌日刊スポーツ杯 予想【○ ウインヴォラーレ】

前走は気楽に乗れる人気だったとはいえ、強い勝ちっぷり。

母コスモチェーロは、フサイチペガサス産駒にしては珍しく芝の長丁場で活躍した馬で、初勝利が芝2400。

500万2着も芝2500だった。

その母に父ステイゴールドなら、スタミナ豊富な当たり前。

この距離得意で納得だろう。

展開鍵でも再び主導権を握れるようなら。

札幌日刊スポーツ杯 予想【▲ ウムブルフ】

春は皐月賞にも出走した好素材。

ディープ産駒で芝2600はあまりピンと来ないが、母父がスタミナ系のモンジューなら問題なしか。

鞍上のジョアン・モレイラ騎手は、先週5勝2着5回。

19鞍騎乗し、掲示板を外したのは僅かに2戦だけだった。

鞍上の勢い魅力。

札幌日刊スポーツ杯 予想【△ ステイブラビッシモ】

決め手の甘さを距離延長で補った前走。

スピード系ではなく、この距離がピッタリなのだろう。

洋芝適性に疑問は残るが、十分圏内の一頭。

2016 札幌日刊スポーツ杯 [馬券考察]

◎〇▲△の馬単BOX12点。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA