【2016 黒潮盃(S2) 予想】 レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 黒潮盃(S2) 予想】 レース展開と馬券考察

スポンサーリンク

kurosiohai

2016 黒潮盃 [レース予想]

ぶつかり合う力と力、歴史の節目に名誉を刻め!

伝統の黒潮盃が節目の50回を迎えた。

力量を試される大井1800m外回りの舞台で、栄えある重賞勝利を掴むのは果たしてどの馬か。

レース傾向としては逃げ馬には苦しいタフな展開になりやすく、内目をロス無く通って最後内ラチ4頭分程外を通る馬が好走しやすい。

やや波乱傾向も有り、流れに上手く乗れる好位差しタイプの馬には注意が必要。

前年の覇者ブラックレッグもそういったタイプだっただけに、尚更注目が必要だろう。

北上する台風の影響が気がかりだが、素晴らしいメンバーで行われる一戦に声援を送りたい。

黒潮盃 予想【◎カツゲキキトキト】

東海の2冠馬である同馬を本命に指名する。

雨でも重馬場でも好成績を残しており、前走は果敢にジャパンダートダービーに挑戦して、デビュー以来の地方馬としては最先着の6着と健闘した。

ジャストフォファンやクラトイトイトイといった逃げ馬がいる中で、同馬は好位を形成しやすく、近年の9番枠以内の馬が強い傾向にもマッチした8番枠スタート。

W主戦の木之前騎手から大畑騎手への乗り替わりで、今度こそ大井で雄姿を見せる。

黒潮盃 予想【○スティールキング】

近年最内1番枠の好走が目立つレースだが、同馬は1枠2番のスタート。

最内枠ワカチナも良いスピードを持ってはいるが、最内枠を利した好位競馬なら同馬のほうが合っているだろう。

本命カツゲキキトキトに対してこちらはホッカイドウ2冠の実績で、アメリカダート血統が、本場アメリカを範に取ったこの大井で一暴れする可能性は十分。

3冠こそ惜しくも逃しはしたが、巻き返す勝負根性はピカイチ。

対抗に抜擢だ。

黒潮盃 予想【▲ノブタイザン】

ハイレベルな競走を実施している兵庫競馬から、刺客ノブタイザンを3番手に挙げる。

兵庫第1冠の菊水賞では、水の浮く不良馬場を6着と不発に終わったが、この頃は調子も今ひとつで、復調した兵庫ダービーでは見事な差し切りを演じて見せた。

この後方待機策が外差しで決まるのも当レースの特徴の一つで、最後のゴール強襲も十分に有り得ると見た。

兵庫の名手・木村健騎手はペース判断も上手い。

心強いパートナーだ。

黒潮盃 予想【△ミスミランダー】

今年の地方3歳世代は低レベルとの声も聞かれるが、そんな事は無い。

中央勢が強いだけなのだ。

牝馬路線もそんな声を吹き飛ばすように、関東オークスを元地方出身のタイニーダンサーが優勝、そして2着には同馬が入った。

この馬の素晴らしいところは、位置取り不問の柔軟性と、相手なりに確実に好走する安定感で、牝馬の2kg減で地方のリーディングジョッキー森泰斗騎手の騎乗とあれば狙いは立つ。

大井は得意で1-0-1-0。前走も不良馬場で優勝と道悪も得意で、軽視は禁物だ。

2016 黒潮盃 [馬券考察]

馬券はワイド。

ボックスで◎~△の計6点で勝負する!

黒潮盃は8月17日、大井競馬第10レース、20時15分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

※画像参照元:大井競馬

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA