【2016 クラスターカップ(Jpn3) 予想】 レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 クラスターカップ(Jpn3) 予想】 レース展開と馬券考察

clasterc

2016 クラスターカップ [レース予想]

太陽の輝き、真夏の短距離王を照らす!

盛岡競馬の真夏の祭典、クラスターカップ。

今年も有力な中央勢を迎えて、激戦必至の様相を呈している。

それというのも前年の勝者ダノンレジェンドが60kgの斤量を背負う事になるからで、2番手以下のハンデ差が6kgもある唯一頭の酷量状態だからだ。

前年の優勝時は着差を付ける完勝だったが、絶対的な中心になる馬の負担増で、他のメンバーとの力差が縮まった事は憂慮すべきところだ。

クラスターカップ 予想【◎ワイドエクセレント】

この馬の最大の売りは馬体である。

雄大な馬体から繰り出されるパワーで、坂道の有るコース形態を得意としている。

近走好走は1200mに集中しており、勝負根性も高い。

前に行って粘れるタイプで、ダノンレジェンドと競り合いに持ち込むならこの馬だろう。

左回りに良績が無いのは、単に距離が原因。

園田できっかけを掴んだ馬だけに、交流重賞は望むところ。

仕掛けどころ一つで勝負になると見て、一発を期待する。

クラスターカップ 予想【○フォーエバーモア】

芝でハープスターらと競っていたほどスピードには定評が有るが、目先を変えて出走した山科Sでは直線ごぼう抜きのダート初出走初勝利を挙げた同馬。

やはり得意舞台の1200mでは走りが違った印象で、その後の距離延長では2戦とも勝ちあぐねている。

今回は主戦・蛯名正義騎手を鞍上に迎え、ハンデも最軽量の53kgと一発ムードが漂う。

内枠で包まれるのが心配では有るが、そこは同騎手の判断力に期待して、同馬を対抗に推す。

クラスターカップ 予想【▲ダノンレジェンド】

交流重賞で勝利を重ね、今や現役トップクラスのダートスプリンターへと成長した同馬。

Mデムーロ騎手のお気に入りでも有り、宿敵コーリンベリーの居ないレースであれば近走必ず優勝するほど隙の無い仕上がりだ。

状態面に不安は無く、斤量さえ克服できれば間違いなく優勝争いだろう。

展開的にも常に先行抜け出しの安定感ある競馬を見せており、これ以上印は落とせない。

試金石の一戦だ。

クラスターカップ 予想【△ラブバレット】

前年の当レース3着馬であり、その際は中央の強豪に割って入った同馬。

外からの伸び脚には見るべきものが有り、今年は前走の重賞・岩鷲賞を好タイムで優勝している事からも、成長の跡が窺える。

更にハンデが前走よりも3kg減とおまけつきで、前走優勝時も外枠だった事から今回の大外も問題は無い。

好位競馬の得意な馬で、ムラの無い競馬をする馬。

地元盛岡で地の利も含めれば前進も見込まれる。

2016 クラスターカップ [馬券考察]

馬券は2種類。

◎の単勝と、ワイド流しで◎-〇▲△の計3点で勝負する!

クラスターカップは8月16日、盛岡競馬第10レース、16時15分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

※画像参照元:盛岡競馬

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA