【エルムステークス 2018 予想】 | 本気競馬
本気予想

【エルムステークス 2018 予想】

yosou_grade

エルムS2018[レース予想]

ハイランドピーク、リーゼントロックが控える競馬OKを示したなら、案外楽にハナが切れそうなドリームキラリ。まず逃げるのはこの馬。それでもアンジュデジール、ハイランドピーク、ノーブルサターン、ブラゾンドゥリスなど先行勢は強力で、ペースは速め。中団で構える昨年の覇者ロンドンタウン、ミツバ、モルトベーネ、ディアデルレイ、アルタイルなどにも不満のない流れとなりそう。最後は意外にモツれる可能性も。

エルムS2018 予想【本命◎ ドリームキラリ】

前走のプロキオンステークス(GⅢ)はマテラスカイの速力に圧倒されたが、不本意の形ながらも0秒9差6着と踏ん張れたのは、能力があればこそ。それでもやはり、行き切ってこそ能力全開のタイプ。ここは強力な同型馬も見当たらず、スッと先手が奪えそう。昨年3着を含め、札幌ダート1700mも【1-0-2-0】と得意舞台。

エルムS2018 予想【対抗○ モルトベーネ】

テイエムジンソクが淀みのないラップを踏んだ前走の東海ステークス(GⅡ)は、先行勢にとって数字以上に苦しい展開。2番手追走のこの馬にとっては最悪の流れだったが、手応えがなくなってから盛り返した内容はさすが。器用に立ち回れるタイプで、小回りコースも大歓迎。ロンドンタウンを突き放した17年アンタレスステークス(GⅢ)だけ走れれば。

エルムS2018 予想【単穴▲ リッカルド】

過去10年【0-0-0-6】と地方所属馬にとっては高き壁だが、この馬は2年前の勝ち馬。例外と見ていいだろう。南関東移籍後【4-0-0-1】で、唯一の敗戦が前走の帝王賞(GⅠ)4着なら文句なしの戦績。すっかり勢いを取り戻し、鞍上にルメール騎手なら。

エルムS2018 予想【特注☆ ノーブルサターン】

依然としてゲートに課題は残るものの、控えて差す形が定着。前走の安達太良ステークス(1600万下)は条件戦とはいえ、かなりの好メンバー。この馬の地力強化を示す一戦だった。3歳以来となる重賞挑戦だが、同形態の福島ダート1700m快勝のステップは魅力。あとはゲートさえ決まれば。

エルムS2018 [馬券考察]

  • 本命◎:②ドリームキラリ
  • 対抗○:⑬モルトベーネ
  • 単穴▲:①リッカルド
  • 特注☆:⑤ノーブルサターン

波乱指数【60】

1番人気不振が続く一戦で、今年も確たる中心馬不在。伏兵馬決着まで視野に入れておきたい。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番①②⑤⑬の4頭BOX。計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。


今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA