【小倉記念 2018 予想】 | 本気競馬
本気予想

【小倉記念 2018 予想】

yosou_grade

小倉記念2018[レース予想]

逃げ馬不在で展開が読みづらいが、スローの瞬発力勝負を苦手とするトリオンフが、自らペースを作る手もある。マウントゴールド、サトノクロニクルが続き、ストロングタイタンが好位へ。サンマルティン、ストーンウェア、マイネルサージュ、メドウラークが中団を進み、レイホーロマンス、キンショーユキヒメ、キョウヘイが後方から。ペースは上がらず、先行有利。

小倉記念2018 予想【本命◎ レイホーロマンス】

良発表とはいえ、下が緩く時計の掛かる馬場だった前走の七夕賞(GⅢ)。420キロ台と小柄な馬だけに、押しても推しても反応ひと息。加えて、4角手前で前を行くプラチナムバレットの落馬もあり、ややスムーズさを欠くシーンもあった。参考外と割り切りたい。今回はパンパン馬場の小倉、ハンデも再度51キロなら文句なし。小回り得意のハービンジャー産駒は、とにかく追いかける手。

小倉記念2018 予想【対抗○ マイネルサージュ】

七夕賞(GⅢ)の勝ち馬メドウラークは、自身より1キロ軽い相手。クビ差惜敗はそのぶんで、今回は同斤の56キロ。前走の借りを返せる下地は整っている。こちらも小回り得意のハービンジャー産駒。直前輸送の不利はあるが、それだけ具合がいい証拠とも受け取れる。

小倉記念2018 予想【単穴▲ サトノクロニクル】

2走前の阪神大賞典(GⅡ)2着と、距離の融通性は示しているものの、天皇賞春(GⅠ)では12着惨敗。一線級が相手となると厳しく、やはりベストは中長距離。事実、初の重賞勝ちは芝2000mで行われた4走前のチャレンジC(GⅢ)。古豪デニムアンドルビーを退けてのもので、内容は完勝と言えるものだった。敵距離からの再出発。

小倉記念2018 予想【特注☆ キョウヘイ】

降級+荒れ馬場と条件が噛み合った前走の垂水S(1600万)だが、1600万降級を一発回答で決められるのは、能力があればこそ。ましてや重賞での好走歴もあるレッドアンシェルを退けてのものだけに、再び上昇気流に乗ったとみたい。末一手でもここは頭数手ごろ。55キロ、最内枠なら軽くは扱えない。

小倉記念2018 [馬券考察]

  • 本命◎:②レイホーロマンス
  • 対抗○:⑥マイネルサージュ
  • 単穴▲:④サトノクロニクル
  • 特注☆:①キョウヘイ

波乱指数【40】

ハンデの上下差が6キロ。軽量馬台頭も視野に入れておきたいが、傾向としては軽ハンデ馬不振。実績上位馬がキッチリと仕事を果たすか。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番①②④⑥の4頭BOX。計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。


今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA