函館2歳ステークス 2018 予想 /ホールドユアハンド勝負気配漂う | 本気競馬
本気予想

函館2歳ステークス 2018 予想 /ホールドユアハンド勝負気配漂う

スラリとした馬体で芝にも対応できそうなタイプ。

yosou_grade

2018/7/22(日)開催 函館11R 函館2歳ステークス(GⅢ)
2歳オープン 1200m (芝) 馬齢戦

函館2歳ステークス 2018 [予想]

芝・ダート問わず、逃げ切り~先行抜け出しの馬ばかりといったメンバー構成で、展開的にも並びは流動的だが、いずれにしても締まった流れとなることは否めず、逃げ切りの馬よりも控える競馬ができた組を上位に取りたい。注目のナンヨーイザヨイ・アスターペガサスにとっては、不満のない流れか。

函館2歳S 予想 【本命◎ ホールドユアハンド】

未だ、JRA芝0勝のエスポワールシチー産駒だが、この馬はスラリとした馬体で芝にも対応できそうなタイプ。新馬戦快勝の福島ダート1150mは序盤が芝だが、まったくスピードが落ちなかった点も見逃せない。鞍上にルメール騎手は配して、勝負気配が漂う。

函館2歳S 予想 【対抗○ ガイセン】

平均遅めのペースでも折り合いを欠くことなく、楽に好位追走から抜け出した新馬戦が大人びたレース振り。門別でも新馬勝ち馬を送るなど、意外にも仕上がりが早いダノンバラード産駒。洋芝適性がカギにはなるが、素質は見劣らない。

函館2歳S 予想 【単穴▲ エムティアン】

ラベンダー賞廃止後、目立つ活躍馬を送り出せずにいる門別所属馬だが、この馬は規格外の可能性も。素軽い走りでダートオンリーとは思えないし、エリザベス女王杯で単勝430倍の大波乱を演じたサンドピアリスが祖母。芝適性と大駆けの血は流れている。

函館2歳S 予想【特注☆ ラブミーリッキー】

豊かなスピードを生かしての逃げ切りだった新馬戦は、いかにもサウスヴィグラス産駒といったところだが、この時期は適性よりも仕上がり優先。芝が極端にマイナスになることはなく、腹を括れる最内枠もむしろ好都合。冠号「ラブミー」+GⅠ馬コパノリッキーを合わせた馬名からも、期待の高さが窺える。

↓↓最終予想から導き出す馬券考察は↓↓

函館2歳ステークス 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑮ホールドユアハンド
  • 対抗○:②ガイセン
  • 単穴▲:⑧エムティアン
  • 特注☆:①ラブミーリッキー

波乱指数【40】

過去5年、1番人気が3勝4連対と活躍しているが、2桁人気馬の好走も。1番人気+2桁人気馬の組み合わせが効果的か。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番①②⑧⑮の4頭BOX、計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。


今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA