目黒記念 2018 予想 /チェスナットコートがハンデを活かす! | 本気競馬
本気予想

目黒記念 2018 予想 /チェスナットコートがハンデを活かす!

東京2500mなら舞台設定に不満はないはず。

yosou_grade

2018/5/27(日)開催 東京12R 目黒記念(GⅡ)
4歳以上オープン 2500m (芝) ハンデ戦

目黒記念 2018 [予想]

日本ダービー後に行われる重賞レースとして、すっかり定着した一戦。今年の焦点はフェイムゲームが信頼できるかどうかということ。昨年はハンデ頭58kgの完勝だったが今回は59kg。過去10年で58kg以上を背負った馬は【0.0.0.2】と一度も馬券に絡めておらず、試練の59kgとなるのか?

目黒記念 予想 【本命◎ チェスナットコート】

前走の天皇賞春では、外目を自力進出での0秒3差5着。最後は力差が出た印象でも、初めてのGⅠでもあそこまで戦えたのなら立派。父ハーツクライのステイヤーという認識に間違いはないが、どちらかと言えば平坦コースよりも直線に坂がある方が合うタイプ。東京2500mなら舞台設定に不満はないはず。ハンデも56kgなら納得か。

目黒記念 予想 【対抗○ パフォーマプロミス】

体質が弱く使い込めないが、その分一戦一戦が勝負のタイプ。前走の日経新春杯は、着差以上の完勝だった。日本ダービー後でも平然と乗りこなしてしまうのが、外国人騎手の特徴。勝ち鞍こそなくても、東京【0.2.0.1】。長距離輸送も克服済み。

目黒記念 予想 【単穴▲ ウインテンダネス】

前走の緑風ステークス(1600万下)ではスタートが決まったこともあり、ハナを主張。鞍上の好判断が勝因のすべてと言ってもいいが、勝ち時計2分22秒9は、レコードにコンマ8差と迫る優秀なもの。さすがに軽くは扱えない記録だろう。ハンデ54kg、一皮むけたと見れば…。

目黒記念 予想【特注☆ リッジマン】

オープン特別の万葉ステークス(京都・芝3000m)を2着、GⅢのダイヤモンドステークス(東京・芝3400m)を2着が示す通り、典型的なハンディキャップホース。一息入って別定戦の前走・メトロポリタンステークスは、ここへ向けての叩き台と割り切れる。440kg台と牡馬にしては華奢なタイプだけに、56kg→52kgも大歓迎。

↓↓最終予想から導き出す馬券考察は↓↓

目黒記念 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑩チェスナットコート
  • 対抗○:⑧パフォーマプロミス
  • 単穴▲:③ウインテンダネス
  • 特注☆:⑮リッジマン

波乱指数【50】

1番人気の成績も悪くはないが、毎年1頭は人気薄が好走の傾向。軽ハンデの伏兵馬には注意したい。

馬券考察

馬券は馬連。馬番⑩を軸に、相手③⑧⑮へ流す形。計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。


今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA