阪神大賞典 2018 予想 /クリンチャー重賞連破で天皇賞春へ! | 本気競馬
本気予想

阪神大賞典 2018 予想 /クリンチャー重賞連破で天皇賞春へ!

明確な地力強化、ひと叩きした上積みも大きい。

yosou_grade

2018/3/18(日)開催 阪神11R 阪神大賞典(GⅡ)
4歳以上オープン 2000m (芝) 別定戦

阪神大賞典 2018 [予想]

過去の傾向からも、力通りに収まる一戦。休み明けの京都記念でダービー馬レイデオロを撃破したクリンチャー。昨秋の菊花賞2着とスタミナも十分、鞍上に武豊騎手を配して連勝を狙う。ステイヤーズステークス3連覇と現役屈指の長距離適性を誇るのがアルバート。初めての阪神をどう乗り切るかが鍵となりそう。ここは4歳馬にも魅力、古馬相手にチャレンジカップ快勝のサトノクロニクルと同レース5着のスーパーマックス。そして前走芝2600mでレコード勝ちを決めたムイトオブリガードにも注意を払いたい。

阪神大賞典 予想 【本命◎ クリンチャー】

京都記念は、距離ロスを抑えた上に得意の渋馬場と条件が噛み合ったことも確かだが、GⅠ馬4頭を一蹴。真一文字に伸びてきた内容は、はっきりと地力強化を感じさせるものだった。菊花賞2着など、もともとがステイヤー。さらに距離が延びるのは何よりで、今回から鞍上に武豊騎手。ひと叩きしての上積みも大きく、重賞連破で天皇賞春へ。

阪神大賞典 予想 【対抗○ アルバート】

ステイヤーズステークス3連覇に加えて、天皇賞春でも5着の実績。明けて7歳でも衰え皆無で、現役屈指のステイヤーと言えるだろう。阪神は初めてでも同形態の中山での強さを見れば、適性に不安はなし。京都への遠征経験から、長距離輸送も問題なし。この相手なら地力で格好をつけたい。

阪神大賞典 予想 【単穴▲ サトノクロニクル】

チャレンジカップ快勝の余勢を駆って臨んだ前走の有馬記念だが、結果は9着。それでも2着馬とは0秒5差なら、上々と言えるだろう。菊花賞10着は適性云々ではなく、馬場が悪すぎただけ。父ハーツクライに胴長の体型から、長距離がマイナスになるとは思えない。好相性の阪神なら。

阪神大賞典 予想【特注☆ スーパーマックス】

大穴ならこの馬。佐賀所属馬ではっきりと力差は感じるものの、沈みかけてからもうひと伸びしたチャレンジカップ5着が好内容。類まれなるスタミナの裏付けとも言え、この距離がプラスに働く可能性が高い。3着なら拾えても。

↓↓最終予想から導き出す馬券考察は↓↓

阪神大賞典 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑧クリンチャー
  • 対抗○:⑩アルバート
  • 単穴▲:⑥サトノクロニクル
  • 特注☆:②スーパーマックス

波乱指数【30】

手頃な頭数で能力差がはっきりとした組み合わせ。波乱の可能性は低い。

馬券考察

馬券は馬連。馬番⑧を軸に、相手②⑥⑩へ流す形。計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。


★ 1週前出走予定馬 ★  7/29(日)開催【クイーンS】注目馬チェック

今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメント

  1. 匿名 より:

    マエコーが天皇賞で、なぜ、わたしが犯罪者と呼ばれで生きていかなければならないのか?クリンチャンおしえてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA