東京新聞杯 2018 予想 /ベスト左回りのダイワキャグニーで狙う! | 本気競馬
本気予想

東京新聞杯 2018 予想 /ベスト左回りのダイワキャグニーで狙う!

東京で全4勝挙げるサウスポー、ここで初重賞制覇といきたい

yosou_grade

2018/2/4(日)開催 東京11R 東京新聞杯(GⅢ)
4歳以上オープン 1600m (芝) 別定戦

東京新聞杯 2018 [予想]

GⅠ馬3頭(アドマイヤリード・サトノアレス・ダノンプラチナ)に、昨年のクラシックを沸かせたリスグラシュー・カデナ・ダイワキャグニーら伸び盛りの4歳馬。そして古豪グレーターロンドンにクルーガー・ハクサンルドルフ。例年以上に豪華メンバーが顔を揃えた今年の東京新聞杯。安田記念へ向けても目が離せない一戦となりそう。

東京新聞杯 予想 【本命◎ ダイワキャグニー】

全4勝をこの東京コースで挙げる典型的なサウスポー。前走の中山金杯では、折り合いに専念する余り位置取りが悪くなってしまったことが敗因だが、あの内容からやはりベストは左回りのマイルということも再認識。強豪が揃った毎日王冠でも小差4着の力量、条件ベストのここで初重賞制覇といきたい。

東京新聞杯 予想 【対抗○ ダノンプラチナ】

相手に恵まれた面は否定できないが、前走のニューイヤーステークスで復活の狼煙。これまでは脚元の関係から使い込めなかったが、今回は非常に順調な調整で、さらなる上積みを期待していい。東京1600mは富士ステークス勝ちを含む、3勝マークのベスト舞台。デビュー以来、手綱を執った蛯名騎手ではないが、特に癖もなさそうで問題はないはず。

東京新聞杯 予想 【単穴▲ カデナ】

芝2000mで重賞2勝を挙げたが、いずれも完成度の高さによるもの。復帰後の3戦を見る限り、本質的には2000mは長く、距離短縮が大いにハマる可能性。東京1600mで破格の適性を示す母父フレンチデピュティ。血統面の後押しもある。

東京新聞杯 予想【特注☆ リスグラシュー】

未だに適性距離が判然としないが、1600mはこれまで【1.3.1.0】。前走のエリザベス女王杯を見る限り、距離が延びて良さはなく、ここがベスト舞台の可能性も。もともと稽古は動くタイプだが、今週は栗東坂路で49.8-36.2-12.3の1番時計をマーク。状態面は文句なしだ。

↓↓最終予想から導き出す馬券考察は↓↓

東京新聞杯 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:15ダイワキャグニー
  • 対抗○:10ダノンプラチナ
  • 単穴▲:13カデナ
  • 特注☆: 8リスグラシュー

波乱指数【40】

能力の上下差が大きいメンバー構成。大きな波乱とまではいかない印象。

馬券考察

馬券は馬連。馬番15を軸に、相手8.10.13へ流す形。計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。


★ 1週前出走予定馬 ★  6/2(土)開催【鳴尾記念】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 日本ダービー→本命⑧ブラストワンピース!

★ 1週前出走予定馬 ★  6/3(日)開催【安田記念】注目馬チェック

今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA