中日新聞杯 2017 予想確定 / 混戦でもマウントロブソンが突き抜ける! | 本気競馬
本気予想

中日新聞杯 2017 予想確定 / 混戦でもマウントロブソンが突き抜ける!

恵まれた馬格でトップハンデをもろともせず!

yosou_grade

2017/12/9(土)開催 中京11R 中日新聞杯(GIII)
3歳以上オープン 2000m (芝) ハンデ戦

中日新聞杯 2017 [予想]

ハイレベルと謳われる3歳馬が不在。レベルの低さが懸念される4歳馬に印が回りそうな組み合わせと見れば、大波乱があっても驚けない。ましてやここはハンデ戦。順当に収まる気配は感じられない。マウントロブソン・ミッキーロケットはハンデが鍵となり、ロードヴァンドールは出走馬が軒並み凡走を続ける天皇賞・秋組。メートルダールは当日の気配次第となりそうだ。スズカデヴィアス・マキシマムドパリあたりが軸候補としては最適か。

中日新聞杯 予想 【本命◎ マウントロブソン】

小回りで重賞勝ちがあるとはいえ、2走前の札幌記念を見る限り、本質的には広いコース向き。前走は2着馬ストロングタイタンに手を焼いたが、重賞でも1番人気に支持されるほど馬。3着が次走の福島記念で2着するスズカデヴィアスだったことも踏まえると、OP特別とはいえ、レベルの高い一戦だったことが窺える。中京コースは初めてでも、坂つき左回り芝2000mという点は前走と同じ。馬格があってトップハンデも気にならない。

中日新聞杯 予想 【対抗○ ミッキーロケット】

前走の天皇賞は好スタートから好位置を取れたが、馬場を気にしてズルズルと下がってしまった。キタサンブラックを筆頭にその後の成績が芳しくない天皇賞・秋組だが、じっくりと間隔をあけて1週前に坂路52.8-37.7-12.2(一杯)、今週も52.4-38.3-12.7(強め)と十分に負荷をかけられた。これだけハードに追えれば疲れはないと判断。対戦比較を思えば、GIIIのここでは能力断然だろう。

中日新聞杯 予想 【単穴▲ フェルメッツァ】

中京コースで重賞2勝を挙げたフラガラッハを兄に持ち、自身も【1.1.1.2】。母父トニービンも中京コース好相性で、中京専用血統と言っても過言ではない。久々の分、息が持たなかった前走の福島記念だが差はわずかに0秒2差だけ。叩いて息持ちアップの今回は変わり身を見込んで当然。

中日新聞杯 予想 【特注☆ パドルウィール】

この中京芝2000mで1分58秒4の好記録を持ち、昨年の金鯱賞ではヤマカツエースとクビ差の2着。舞台ベストは証明済みで、久々とはいえラスト11秒台連発とここを目標にしっかりと仕上げてきた。金鯱賞2着が56キロだったことを思えば、ハンデ54キロもはかなり恵まれた印象。一変がある。

↓↓最終予想から導き出す馬券考察は↓↓

中日新聞杯 2017 [馬券考察]

  • 本命◎: 4マウントロブソン
  • 対抗○:10ミッキーロケット
  • 単穴▲: 6フェルメッツァ
  • 特注☆: 8パドルウィール

波乱指数【70】

レベルが懸念される4歳馬が主力を形成なら、信頼度は今ひとつと捉えることもできる。ハンデも踏まえると、波乱の目は十分だろう。

馬券考察

馬券は馬連。馬番4を軸に、相手6.8.10へ流す形。計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。


★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA