エリザベス女王杯 2017 予想 /本命はヴィブロス! | 本気競馬
本気予想

エリザベス女王杯 2017 予想 /本命はヴィブロス!

世界のヴィブロスが国内を制圧する!

yosou_grade

2017/11/12(日)開催 京都11R エリザベス女王杯(GI)
3歳以上オープン 2200m (芝・外) 牝馬限定 定量

エリザベス女王杯 2017 [レース予想]

3世代のGI馬(3・4・5歳)に加えて、牡馬混合重賞を勝ってここへ臨むスマートレイアー、ルージュバック。近年稀に見る好メンバーで、女王決定戦に相応しい一戦となった。イメージとしては「荒れるGI」だが、3歳上となった過去21年を見てみると2桁人気の好走は09年と昨年2着のシングウィズジョイだけ。むしろ、平穏な結果に落ち着いている。そして注目はリピーター。連続連対馬は過去に10頭、2年連続3着のアパパネまで含めると計11頭もいる。今年はクイーンズリング、ミッキークイーンに要注意。

エリザベス女王杯 予想 【本命◎ ヴィブロス】

前走の府中牝馬Sは、勝ったクロコスミアのための競馬。復帰緒戦2着ならまずは好発進としたい。小柄な牝馬にしては珍しく、叩き良化型。秋華賞もドバイターフも久々を一度使ってからの戴冠だった。今回は力を出し切れる、最高の臨戦過程。名手ルメール騎手も2度目なら、上積みがあって当然だろう。世界のヴィブロスが国内を制圧する。

エリザベス女王杯 予想 【対抗○ ルージュバック】

デビュー時から「怪物級」の評価を受けてきたが、結局ここまでGIでは2着が最高着順。その後、紆余曲折はあったが、前走のオールカマーで強豪牡馬を撃破。坂を駆け上がってからのフットワークは、完全復活をアピールするには十分だった。順調さを欠いた一昨年が4着。デキ万全、鞍上にR・ムーア騎手配置ならGI制覇が現実味を帯びてきた。

エリザベス女王杯 予想 【単穴▲ クロコスミア】

前走の府中牝馬Sは、自分の形に持ち込めたことが最大の勝因だが、ここも強力な同型馬不在。人気各馬が中団~後方で牽制しあう展開が予想され、この馬にとっては最高の形が望めそうだ。内目の枠も好材料。4角で後続を突き放せるなら、一気にヴィクトリーロードが開ける。

エリザベス女王杯 予想【特注☆ トーセンビクトリー】

ここまでの戦績(中山牝馬S1着、クイーンS2着)を思えば、ベスト舞台は小回り芝1800m。とはいえ、前走の府中牝馬Sではソツなく立ち回って小差5着と好走。広いコースでも展開ひとつで何とかなる感触はあった。隣のクロコスミアを行かせて、すんなり内々を追走できるこの枠も歓迎。内枠ホースの力を最大限に生かせる。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

エリザベス女王杯 2017 [馬券考察]

  • 本命◎:16ヴィブロス
  • 対抗○:17ルージュバック
  • 単穴▲: 4クロコスミア
  • 特注☆: 3トーセンビクトリー

波乱指数【50】

傾向としては実力通りの決着。穴狙いは難しいレースとなったが、先行する人気薄は押さえておきたい。

馬券考察

馬券は馬連。馬番16を軸に、相手3.4.17へ流す形。計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。


今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA