菊花賞2017予想公開/サトノアーサー本命で勝負! | 本気競馬
本気予想

菊花賞2017予想公開/サトノアーサー本命で勝負!

求められるものはラストの瞬発力!それで浮上するのがこの馬!

yosou_grade

2017/10/22(日)開催 京都11R 菊花賞(GI)
3歳オープン 3000m (芝・外) 馬齢戦

菊花賞 2017 [レース予想]

ダービー馬レイデオロが不出走で、皐月賞馬アルアインもセントライト記念で完敗の2着。そしてそのセントライト記念を快勝し、一躍スターダムへとのし上がったのがミッキースワローだが、関東馬は菊花賞15連敗中。ジンクスを破っての戴冠か、それともまたもや壁に阻まれるか。暗雲立ち込めるクラシック最終戦。

菊花賞 予想 【本命◎ サトノアーサー】

過去5年の勝ち馬を見ても、ステイヤーと言えるのは12年のゴールドシップぐらい。昨年のサトノダイヤモンドを見てもわかるように、現在の菊花賞で求められるものは長距離適性ではなく、ラストの瞬発力。今年もスロー必至の組み合わせとみれば、浮上するのがこの馬。母父がスプリンターのリダウツチョイスと短距離志向が強いものの、完歩の大きいフットワークはいかにも長距離向きのソレ。前走は折り合いつかずで末脚不発だったが、あれでガス抜きができたと見れば、今回はもっとスムーズに走れるはず。最後の1冠は譲れない。

菊花賞 予想 【対抗○ ダンビュライト】

半兄ラブラドライトは、芝2600m以上で3勝8連対のステイヤー。消耗戦となった皐月賞で、一番キツイ競馬をしたのがこの馬で、0秒1差3着がスタミナの裏付けともいえる。秋緒戦の神戸新聞杯は、一旦抜け出す場面を作っての4着好走。次に繋がる競馬はできたとみたい。外枠は歓迎ではないが、そこは鞍上の腕でカバー。

菊花賞 予想 【単穴▲ キセキ】

2走前の信濃川特別でマークした1分56秒9は、新潟記念をも上回る快時計。前走の神戸新聞杯も直線で窮屈になる場面があっての0秒3差2着と、目下の充実振りには目を見張るものがある。前走完敗だったレイデオロが不在なら、この馬にも十分チャンスがある。

菊花賞 予想【特注☆ サトノクロニクル】

2走前のラジオNIKKEI賞は斤量苦もあったが、前走のセントライト記念を見るとやはり小回りコースが合わないタイプ。フットワークが大きく、ノビノビ走らせてこその馬。京都外回りの3000mは、おそらくベストに近い。特に折り合いの難しさがあるタイプでもなく、上位勢とそう差はない印象。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

菊花賞 2017 [馬券考察]

  • 本命◎: 8サトノアーサー
  • 対抗○:15ダンビュライト
  • 単穴▲:13キセキ
  • 特注☆:11サトノクロニクル

波乱指数【60】

ダービー1~3着馬不在。新興勢力も死角持ちだけに、波乱の可能性は十分だろう。

馬券考察

馬券は馬連。馬番8を軸に、相手11.13.15へ流す形。計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。


★ 1週前出走予定馬 ★  11/25(土)開催【京都2歳S】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  11/26(日)開催【京阪杯】注目馬チェック

《JC後の注目重賞》 京阪杯→強力牝馬勢vsGI馬の♂

今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA