【関屋記念 2018 予想オッズ】 | 本気競馬
予想オッズ

【関屋記念 2018 予想オッズ】

odds_s

関屋記念2018 [出走予定馬短評]

サマーマイルシリーズ第2戦として、同シリーズの行方を大きく左右する関屋記念。今年はリライアブルエースやウインガニオンなど中京記念組に加え、連勝中のショウナンアンセム、3歳牝馬プリモシーンなど大混戦のメンバー構成。直近10年を振り返っても7枠・8枠の馬が計8勝を挙げている顕著なデータが残っている点は留意しておきたいところ。

関屋記念2018 予想オッズ/プリモシーン(4.2倍)

ここ2走は桜花賞10着・NHKマイル5着だが、その内容は直線で進路が確保できない不完全燃焼の競馬が続いた。2戦ともスムーズなレース運びをしていれば勝ち負けに加われる末脚を使っていただけに、着順以上に評価すべき内容。今回は3歳牝馬で斤量面が恵まれており、詰まる心配の少ない新潟でのG3なら巻き返し必至。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

関屋記念2018 予想オッズ/リライアブルエース(5.0倍)

初重賞挑戦となった京王杯スプリングC(G2)では、勝ち馬から0.2秒差まで追い込み6着。続く中京記念(G3)でも、4角15番手の苦しい位置から3着に食い込む末脚を使っており、重賞で堅実な結果を残せる地力をつけてきた。器用さに欠ける脚質のため、じっくり脚を溜めれる新潟外回りは大歓迎。勝てばサマーシリーズ制覇に大きく前進するだけに陣営の勝負気配も高い。オッズは、5倍から7倍台が予想される。

関屋記念2018 予想オッズ/ショウナンアンセム(6.3倍)

多摩川S(1600万下)・パラダイスS(OP)と連勝を飾っている夏の上がり馬。そのレースぶりも、軽快にハナをきったうえラスト3F33秒台でまとめる完璧な走りをしており、逃げ馬としての才能が開花してきた印象。同脚質のウインガニオンとの兼ね合いは気になるものの、今の充実した状態なら初重賞挑戦でも結果が期待できる。オッズは、6倍から8倍台が予想される。

関屋記念2018 [狙い目となる穴馬は?]

チェッキーノは、3歳春にはフローラS(G2)を圧勝し、オークスでもタイム差なしの2着好走している素質馬。新馬戦からラスト3F最速の末脚を使い続けており、瞬発力と実績面では他馬を1歩リード。約2年ぶりの実績復帰となった米子Sでは7着に敗れるも、+38kgと太目残りで叩き台なのは明らか。久々を一度使われた上積みは大きく、素質馬の復活なるか注目が集まる。


今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA