クイーンステークス 2018 予想オッズ | 牝馬相手に負けられないディアドラ1番人気 | 本気競馬
予想オッズ

クイーンステークス 2018 予想オッズ | 牝馬相手に負けられないディアドラ1番人気

odds_ss

クイーンステークス 2018 [予想オッズ]

予想オッズ 出走予定馬 斤量/性齢 厩舎
3.2倍 ディアドラ 55.0kg/牝4 橋田 満
5.6倍 ソウルスターリング 56.0kg/牝4 藤沢 和雄
6.3倍 フロンテアクイーン 55.0kg/牝5 国枝 栄
9.6倍 リバティハイツ 51.0kg/牝3 高野 友和
10.4倍 ツヅミモン 51.0kg/牝3 藤岡 健一
12.8倍 アンドリエッテ 55.0kg/牝6 牧田 和弥
22.7倍 エテルナミノル 55.0kg/牝5 本田 優
36.4倍 アグレアーブル 55.0kg/牝5 斎藤 誠
56.8倍 トーセンビクトリー 55.0kg/牝6 中竹 和也
96.1倍 ティーエスクライ 55.0kg/牝6 武 幸四郎
132.4倍 ハッピーユニバンス 55.0kg/牝6 平田 修

※倍率は2018/7/23現在の予想数値

クイーンステークス 2018 [出走予定馬短評]

夏の札幌開催のオープニングを飾るクイーンステークス。直近10年を振り返っても、昨年の勝ち馬アエロリットを筆頭にGⅠ出走経験のある馬が6勝を含む11連対中。夏競馬の牝馬限定重賞なら波乱決着のイメージもあるが、このレースに限っては実力馬が順当に結果を残す傾向にある。今年はGⅠタイトルを持つディアドラやソウルスターリングが登録しており、この2頭に注目が集まる。

クイーンS 2018 予想オッズ/ディアドラ(3.2倍)

前走のドバイターフ(GⅠ)では、直線で長く良い脚を使い3着好走。初の海外遠征かつ混合GⅠでヴィブロスやリアルスティールと差のない競馬をしており、秋華賞馬としての地力を改めて示した内容。札幌コースは1戦1勝で馬場適性は証明済み。海外遠征帰りは鬼門となることも多いが、札幌記念(GⅡ)参戦のプランもあるだけに牝馬相手なら負けられない。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

クイーンS 2018 予想オッズ/ソウルスターリング(5.6倍)

オークス制覇後は勝ち負けに加われないレースが続き、早熟説がささやかれる苦しい状況。とはいえ、昨年春以降は一貫してトップクラスを相手にした厳しいレース選択をしているのも事実。久々の牝馬限定GⅢなら相手関係が大幅に楽になっており、相対的に浮上する要素はある。鞍上・北村宏騎手への乗り替わりも復活のきっかけにしたいところ。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

クイーンS 2018 予想オッズ/フロンテアクイーン(6.3倍)

重賞2戦を含み4連続2着の直近成績が示すように、展開に左右されず常に上位争いに加われる安定感が持ち味。中山で好成績を残していることからも、コーナリングでの加速に長けており、初参戦の札幌はいかにも適性を感じさせる。脚質自在のレースセンスも備えており、乗り方次第で初重賞制覇できる能力はある。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

↓↓このレースの「穴馬」とは?↓↓

クイーンステークス 2018 [狙い目となる穴馬は?]

トーセンビクトリーは、前走のマーメイドステークス(GⅢ)で果敢に逃げを打つも直線で早々に手応えを失い15着惨敗。とはいえ、先行馬総崩れの厳しい流れとなってしまい展開不向きと割りきれる敗戦。クイーンステークスには昨年も参戦し、ラスト3F最速の末脚で2着好走。その後はGⅠ連戦など強敵に揉まれて着実にキャリアアップしており、昨年以上の着順も狙える。


今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA