京都新聞杯 2018 予想オッズ | 超良血馬タニノフランケル1番人気 | 本気競馬
予想オッズ

京都新聞杯 2018 予想オッズ | 超良血馬タニノフランケル1番人気

odds_dd

京都新聞杯 2018 [予想オッズ]

予想オッズ 出走予定馬 斤量/性齢 厩舎
3.6倍 タニノフランケル 56.0kg/牡3 角居 勝彦
4.2倍 グローリーヴェイズ 56.0kg/牡3 尾関 知人
5.8倍 フランツ 56.0kg/牡3 音無 秀孝
7.2倍 シャルドネゴールド 56.0kg/牡3 池江 泰寿
9.6倍 ケイティクレバー 56.0kg/牡3 安田 翔伍
15.8倍 ユーキャンスマイル 56.0kg/牡3 友道 康夫
18.2倍 ステイフーリッシュ 56.0kg/牡3 矢作 芳人
22.6倍 レイエスプランドル 56.0kg/牡3 吉田 直弘
28.1倍 ダブルシャープ 56.0kg/牡3 渡辺 薫彦
42.9倍 リシュブール 56.0kg/牡3 藤原 英昭
56.8倍 サトノシリウス 56.0kg/牡3 藤原 英昭
63.8倍 アルムフォルツァ 56.0kg/牡3 五十嵐 忠男
81.4倍 メイショウテッコン 56.0kg/牡3 高橋 義忠
96.3倍 アドマイヤアルバ 56.0kg/牡3 須貝 尚介
116.8倍 イペルラーニオ 56.0kg/牡3 矢作 芳人
141.3倍 ドラセナ 56.0kg/牡3 角居 勝彦
186.9倍 レノヴァール 56.0kg/牡3 高野 友和
220.8倍 インターセクション 56.0kg/牡3 大久保 龍志
320倍 アールスター 56.0kg/牡3 杉山 晴紀
530倍 ロードアクシス 56.0kg/牡3 奥村 豊

※倍率は2018/4/30現在の予想数値

京都新聞杯 2018 [出走予定馬短評]

ダービーへの最終便として素質馬が多数参戦する京都新聞杯。近年は2013年キズナ・2015年サトノラーゼンなど勝ち馬が本番でも好走するケースが目立っており、ステップレースとして重要性が増してきた。今年の登録馬を見渡すと、重賞やOPクラスで好走歴のあるのはひと握り。500万条件を勝ったばかりの馬でも上位人気を形成しそうなメンバー構成となっている。

京都新聞杯 予想オッズ/タニノフランケル(3.6倍)

前走の500万条件戦ではすんなりハナをきると、直線でも全く脚が衰えず4馬身差の完勝。これで逃げた際には2戦2勝の好成績。ようやく自分の競馬の形が見つかった印象で、重賞でも通用しそうな雰囲気が出てきた。父フランケル×母ウオッカという超良血馬でデビュー前から注目を集めていた馬なので、ダービー出走への期待も含み支持を集めてきそう。オッズは、3倍から4倍台が予想される。

京都新聞杯 予想オッズ/グローリーヴェイズ(4.2倍)

前走のきさらぎ賞では、道中2番手で折り合うと直線では勝ち馬とマッチレースとなりハナ差2着。前有利の展開に恵まれた感はあるが重賞レベルでしっかり結果を残しており、今回のメンバー相手なら実績上位といえる存在。すんなり好位につけるセンスと堅実な末脚を備えており、大崩れする場面は考えにくい。オッズは、こちらも3倍から5倍台が予想される。

京都新聞杯 予想オッズ/フランツ(5.8倍)

アルメリア賞では、先行馬が上位を占める前有利の流れのなか、4角8番手から豪快な差し切り勝ち。内に切れ込み進路を探しながら突き抜ける瞬発力を見せており、着差以上に強い印象を残す好内容。今回、デムーロ騎手が数あるお手馬のなかから、この馬を選んでいる点も興味深い。オッズは、5倍から7倍台となってきそう。

↓↓このレースの「穴馬」とは?↓↓

京都新聞杯 2018 [狙い目となる穴馬は?]

レイエスプランドルは、初勝利まで4戦を要したがその後は2連勝中と充実一途。特に前走山吹賞では、道中2番手の好位から上がり最速でまとめる完璧なレース運び。2000m以上に距離を伸ばしてからは高い距離適性を示しており、底を見せていない魅力がある。3着以下になっていない堅実さも備えており、重賞初挑戦でも上位進出が期待できる。


☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 中京記念→果たして、こじはるの本命は?

★ 1週前出走予定馬 ★  7/29(日)開催【クイーンS】注目馬チェック

今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA