青葉賞 2018 予想オッズ | ダービー照準オブセッション1番人気 | 本気競馬
予想オッズ

青葉賞 2018 予想オッズ | ダービー照準オブセッション1番人気

odds_s

青葉賞 2018 [予想オッズ]

予想オッズ 出走予定馬 斤量/性齢 厩舎
2.9倍 オブセッション 56.0kg/牡3 藤沢 和雄
3.8倍 サトノソルタス 56.0kg/牡3 堀 宣行
5.7倍 ダノンマジェスティ 56.0kg/牡3 音無 秀孝
7.2倍 スーパーフェザー 56.0kg/牡3 友道 康夫
16.8倍 エタリオウ 56.0kg/牡3 友道 康夫
18.9倍 ディープインラヴ 56.0kg/牡3 矢作 芳人
26.7倍 ゴーフォザサミット 56.0kg/牡3 藤沢 和雄
32.9倍 シルヴァンシャー 56.0kg/牡3 池江 泰寿
40.8倍 カフジバンガード 56.0kg/牡3 松元 茂樹
46.7倍 スズカテイオー 56.0kg/牡3 橋田 満
60.7倍 ノストラダムス 56.0kg/牡3 鈴木 孝志
96.2倍 ダブルフラット 56.0kg/牡3 角居 勝彦
110.8倍 トラストケンシン 56.0kg/牡3 高橋 文雅
132.4倍 テトラルキア 56.0kg/牡3 大和田 成
161.8倍 モンテグロッソ 56.0kg/牡3 木村 哲也
192.3倍 ユウセイフラッシュ 56.0kg/牡3 戸田 博文
220.4倍 ミッキーポジション 56.0kg/牡3 菊沢 隆徳
340.8倍 クレディブル 56.0kg/牡3 萩原 清
620倍 マイネルサリューエ 56.0kg/牡3 上原 博之

※倍率は2018/4/23現在の予想数値

青葉賞 2018 [出走予定馬短評]

競馬の祭典・日本ダービーと同舞台で開催されるトライアルレースということもあり、毎年素質馬が多数参戦する青葉賞。皐月賞が大波乱の決着となったことで3歳牡馬世代は一気に混戦模様へ突入、ここも例年以上に注目を集めるレースとなった印象。今年はオブセッションやサトノソルタスなどディープインパクト産駒が8頭登録され、上位人気馬が同産駒で占められる特徴的なオッズとなってきそう。

青葉賞 予想オッズ/オブセッション(2.9倍)

前走の弥生賞では、4角で大きく外に膨らむ若さを見せて7着。現状で小回り中山は適性に欠けると判断し、皐月賞をパスしてダービー1本に目標を定めた調整は好印象。同日の古馬準OPより0.8秒早い圧巻の2歳レコードで走破したシクラメン賞は記憶に新しく、直線の長い東京ならどんな末脚を繰り出してくれるか期待が膨らむ。オッズは、2倍から4倍台が予想される。

青葉賞 予想オッズ/サトノソルタス(3.8倍)

2戦目で挑んだ共同通信杯では、中団できっちり折り合い直線でも一完歩ごとに先頭との差を詰める完成度の高いレースぶり。成長を促す余裕あるローテで調整されており、前走からの上昇度ならメンバー屈指。1週前追い切りでも順調な動きを見せており状態面に不安なし。名門堀厩舎の期待馬で、ここできっちり権利を取ってくるようなら本番でも楽しみな存在。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

青葉賞 予想オッズ/ダノンマジェスティ(5.7倍)

新馬戦では、ラスト3Fで33.0秒と抜群の瞬発力で他馬を置き去りにする圧巻の走り。前走の大寒桜賞では、着差以上に余裕のある走りで完勝。2戦目のきさらぎ賞では鞍上との呼吸が合わず惨敗しているが、過去2勝の内容からも重賞級の能力があることに疑う余地はない。広々と走れる東京にも適性がありそうで、前走以上の走りが期待できる。オッズは、4倍から6倍台で推移しそう。

↓↓このレースの「穴馬」とは?↓↓

青葉賞 2018 [狙い目となる穴馬は?]

カフジバンガードは、前走のスプリングステークスで皐月賞4着ステルヴィオに次ぐ末脚を使って善戦しており、侮れない存在。重賞でも崩れず堅実な結果を残し続けており、展開や乗り方次第で上位進出も可能。昨年から3歳GⅠ戦線でハービンジャー産駒の活躍は目覚ましく、血統的にも要警戒。ミッキーポジションは、ダートで2連勝した勢いで参戦。新馬戦では芝レースで惨敗したが、瞬発力もあり当時からの成長を加味すれば芝でも1発の魅力あり。


★ 1週前出走予定馬 ★  6/2(土)開催【鳴尾記念】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  6/3(日)開催【安田記念】注目馬チェック

今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA