東京新聞杯 2018 予想オッズ | 巻き返し必至のグレーターロンドン1番人気 | 本気競馬
予想オッズ

東京新聞杯 2018 予想オッズ | 巻き返し必至のグレーターロンドン1番人気

odds_s

東京新聞杯 2018 [予想オッズ]

予想オッズ 出走予定馬 斤量/性齢 厩舎
2.9倍 グレーターロンドン 56.0kg/牡6 大竹 正博
3.8倍 ダノンプラチナ 56.0kg/牡6 国枝 栄
5.6倍 アドマイヤリード 54.0kg/牝5 須貝 尚介
6.7倍 サトノアレス 57.0kg/牡4 藤沢 和雄
7.2倍 リスグラシュー 55.0kg/牝4 矢作 芳人
9.8倍 ダイワキャグニー 56.0kg/牡4 菊沢 隆徳
12.5倍 クルーガー 56.0kg/牡6 高野 友和
20.3倍 カデナ 56.0kg/牡4 中竹 和也
28.4倍 デンコウアンジュ 54.0kg/牝5 荒川 義之
32.6倍 ガリバルディ 57.0kg/牡7 藤原 英昭
42.1倍 ストーミーシー 56.0kg/牡5 斎藤 誠
56.2倍 ディバインコード 56.0kg/牡4 栗田 博憲
62.7倍 ハクサンルドルフ 56.0kg/牡5 西園 正都
70.4倍 ベルキャニオン 56.0kg/牡7 堀 宣行
96.3倍 トウショウピスト 56.0kg/牡6 角田 晃一
110.8倍 タガノブルグ 56.0kg/牡7 鮫島 一歩
142.7倍 マイネルアウラート 57.0kg/牡7 高橋 裕

※倍率は2018/1/29現在の予想数値

東京新聞杯 2018 [出走予定馬短評]

マイルGⅠを制した実績のある3頭に加え、今年飛躍が期待されるグレーターロンドンや昨年牝馬クラシックで好走続きのリスグラシューなど例年以上の豪華メンバーが揃った今年の東京新聞杯。過去10年、1番人気馬が未勝利というだけでなく馬券対象も3度のみ。4番人気から8番人気の馬が頻繁に馬券に絡む傾向にあり、その点は留意しておきたいところ。

東京新聞杯 2018 予想オッズ/グレーターロンドン(2.9倍)

安田記念では初重賞出走がGⅠという厳しい挑戦だったが、直線では目を引く末脚で勝ち馬から0.1 秒差4着と改めて潜在能力の高さを示す内容。秋には毎日王冠・天皇賞秋と王道ローテを歩み善戦しており、着実に力をつけている。前走のディセンバーステークスでは不可解な3着だったが、今回は得意の東京コースに替わり巻き返し必至。重賞初勝利への期待も大きく、オッズは2倍後半から4倍台となってくる。

東京新聞杯 2018 予想オッズ/ダノンプラチナ(3.8倍)

前走ニューイヤーステークスで、2年4ヶ月ぶりの勝利を飾り上昇ムード。長く勝ち星から見放されていたが、その間も香港遠征や重賞では堅実に好走しており、まだトップクラスに通用する能力は維持している。今回は新馬戦から継続騎乗していた蛯名騎手から田辺騎手に鞍上をスイッチしており、どんな新味が出るのかも楽しみなところ。オッズは、3倍から6倍台となってきそう。

東京新聞杯 2018 予想オッズ/アドマイヤリード(5.6倍)

昨年ヴィクトリアマイルでは、直線で力強く馬群を割って伸びる勝負根性と瞬発力をみせ初GⅠ制覇。今春はドバイターフへの遠征も計画されるほど関係者に能力が評価されており、牡馬相手でもGⅠを制した得意舞台ならきっちり結果を出しておきたいところ。鞍上を予定していたルメール騎手の騎乗停止で多少の人気は落としそうだが、それでもオッズは4倍から7倍台を推移してくるはず。

↓↓このレースの「穴馬」とは?↓↓

東京新聞杯 2018 [狙い目となる穴馬は?]

ダイワキャグニーは、東京2000m以下では【4.0.0.1】でコース適性ならメンバー屈指。脚質的にも好位先行で、前有利の流れになれば直線あっさり押しきる場面もありそう。デンコウアンジュは、2歳時アルテミスステークスや昨年ヴィクトリアマイルなど定期的に東京マイルで激走しており高配当を演出している。前走ターコイズステークスでも上がり最速の末脚で3着と復調気配があり、今回も要警戒が必要。


☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 中山記念→こじはる本命は④ペルシアンナイト!

★ 1週前出走予定馬 ★  3/4(日)開催【弥生賞】注目馬チェック

今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA