武蔵野ステークス 2017 予想オッズ | 期待感も含め1番人気はカフジテイク | 本気競馬
予想オッズ

武蔵野ステークス 2017 予想オッズ | 期待感も含め1番人気はカフジテイク

odds_d

武蔵野ステークス 2017 [予想オッズ]

予想オッズ 出走予定馬 斤量/性齢 厩舎
4.3倍 カフジテイク 57.0kg/牡5 湯窪 幸雄
4.9倍 サンライズノヴァ 56.0kg/牡3 音無 秀孝
6.2倍 ベストウォーリア 58.0kg/牡7 石坂 正
7.8倍 モーニン 58.0kg/牡5 石坂 正
9.2倍 ノンコノユメ 58.0kg/せ5 加藤 征弘
10.8倍 インカンテーション 57.0kg/牡7 羽月 友彦
16.7倍 サンライズソア 55.0kg/牡3 河内 洋
20.4倍 クインズサターン 56.0kg/牡4 野中 賢二
26.1倍 ゴールデンバローズ 56.0kg/牡5 堀 宣行
32.5倍 ピオネロ 56.0kg/牡6 松永 幹夫
36.8倍 マッチレスヒーロー 56.0kg/牡6 金成 貴史
42.7倍 メイショウウタゲ 56.0kg/牡6 安達 昭夫
56.8倍 ブラゾンドゥリス 57.0kg/牡5 尾形 和幸
62.4倍 ラストダンサー 56.0kg/牡6 久保田 貴士
68.9倍 シュテルングランツ 56.0kg/牡6 須貝 尚介
72.1倍 ブライトアイディア 56.0kg/牡7 宮 徹
81.4倍 ロワジャルダン 56.0kg/牡6 戸田 博文
96.2倍 アキトクレッセント 56.0kg/牡5 清水 久詞
120.7倍 チャーリーブレイヴ 56.0kg/せ7 尾関 知人
142.9倍 ショウナンアポロン 56.0kg/牡7 古賀 史生
160.5倍 サングラス 56.0kg/牡6 谷 潔

※倍率は2017/11/6現在の予想数値

武蔵野ステークス 2017 [出走予定馬短評]

来月のチャンピオンズカップに向けて、GI馬2頭を含み蒼々たる顔ぶれが揃った今年の武蔵野ステークス。底力が問われる東京ダート1600mらしく人気馬が期待に応えることも多いレースだが、相手としては4番人気から8番人気の中穴が頻繁に馬券に絡んでいる傾向がある。今回は各馬の実力が拮抗しており、直前までオッズの変動がありそうな雰囲気。

武蔵野S 2017 予想オッズ/カフジテイク(4.3倍)

今年1月根岸Sでの初重賞制覇を皮切りに、フェブラリーステークス3着・ドバイ遠征と順調にキャリアを重ね地力をつけてきた。帰国初戦のプロキオンステークスは鋭い追い込みで2着、2戦目の南部杯では小回り適性がなく4着と勝ち星には見放されたが、この馬らしい末脚は使っており悲観する内容ではない。東京ダートは【3.0.2.0】で同馬が最も相性の良い得意条件、近走からすべての要素が好転する今回は前進必至。オッズは3倍~5倍台となってくるはず。

武蔵野S 2017 予想オッズ/サンライズノヴァ(4.9倍)

ユニコーンステークスでは、メンバー唯一ラスト3F35秒台のタイムで後続に4馬身以上つける圧巻の内容。次戦のジャパンダートダービーこそ敗れたが、世代トップクラスの実力に疑う余地はない。初古馬対戦となった前走グリーンチャンネルカップを力の違いで完勝したものの、相手関係に恵まれたのも事実。初めてGI級の古馬と戦う今回は試金石となる重要なレース。東京3戦3勝と抜群のコース適性も誇っており、オッズは4倍~6倍台となってきそう。

武蔵野S 2017 予想オッズ/ベストウォーリア(6.2倍)

2015年のマイルCS南部杯を制してから2年以上勝ち星に恵まれていないが、その間もGIを2着3回など安定した成績を残し近年ダートGI戦線を盛り上げてきた名脇役。直近3走は上位争いに加われないレースが続き、全盛期からの衰えが見え隠れするのは懸念材料。とはいえ、今回は鞍上強化でルメール騎手を起用しており容易に見限れない。実績面でも他馬を頭1つリードしており、オッズは4倍~7倍台を推移してくるはず。

↓↓このレースの「穴馬」とは?↓↓

武蔵野ステークス 2017 [狙い目となる穴馬は?]

豪華メンバーのおかげで配当妙味がありそうな2頭の実力馬の復活に期待したい。ノンコノユメは、去勢後から成績が優れないが、東京マイルは同馬の鬼脚が活かせる絶好の舞台でもあり、休み明けでも人気落ちの今回は狙い目。ゴールデンバローズは、2走前の立夏ステークスでは重賞級のパフォーマンスを見せており、ドバイ遠征をしたほどの素質馬が復調ムードで要注意。


今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA