府中牝馬ステークス2017予想オッズ/ヴィブロスとアドマイヤリードの2強ムード | 本気競馬
予想オッズ

府中牝馬ステークス2017予想オッズ/ヴィブロスとアドマイヤリードの2強ムード

odds_s

府中牝馬ステークス2017 [予想オッズ]

予想オッズ 出走予定馬 斤量/性齢 厩舎
2.7倍 ヴィブロス 56.0kg/牝4 友道 康夫
3.3倍 アドマイヤリード 56.0kg/牝4 須貝 尚介
7.8倍 クイーンズリング 56.0kg/牝5 吉村 圭司
8.6倍 トーセンビクトリー 54.0kg/牝5 角居 勝彦
9.2倍 クインズミラーグロ 54.0kg/牝5 和田 正道
16.7倍 デンコウアンジュ 54.0kg/牝4 荒川 義之
18.1倍 クロコスミア 54.0kg/牝4 西浦 勝一
28.3倍 ワンブレスアウェイ 54.0kg/牝4 古賀 慎明
32.9倍 キンショーユキヒメ 54.0kg/牝4 中村 均
46.1倍 アスカビレン 54.0kg/牝5 中尾 秀正
54.3倍 ロッカフラベイビー 54.0kg/牝5 鹿戸 雄一
66.8倍 リエノテソーロ 52.0kg/牝3 武井 亮
74.3倍 ゲッカコウ 54.0kg/牝4 高橋 義博
92.4倍 バンゴール 54.0kg/牝5 尾関 知人
120.8倍 レーヌドブリエ 54.0kg/牝5 矢作 芳人
146.8倍 ハッピーユニバンス 54.0kg/牝5 平田 修
192.3倍 ミスパンテール 52.0kg/牝3 昆 貢

※倍率は2017/10/10現在の予想数値

府中牝馬ステークス2017 [出走予定馬短評]

芝1800mの中間距離ということもあり、エリザベス女王杯を目指す馬とマイル戦線を主戦場とする双方の牝馬が集結し好メンバーが揃うことも多い府中牝馬S。今年はGIホース3頭が参戦する豪華なメンバー構成となり、人気的には2強となりそうな雰囲気が漂う。とはいえ、直近10年でも二桁人気の出走馬が4度も馬券対象になっており、オッズを考慮しつつ人気薄の大駆けも狙っていきたいところ。

府中牝馬S 2017 予想オッズ/ヴィブロス(2.7倍)

今年3月ドバイターフでは豪快な差し切り勝ちで国際GI制覇、戦前はそれほど評価は高くなかったがモレイラ騎手の好騎乗もあり強さの光るレース内容だった。小柄な馬体からは想像もできない力強い末脚が武器で、初参戦となる東京コースも向く可能性は高い。GI・2勝と能力の高さに疑いようはないが、今年初戦の中山記念5着に内容からも安定感のあるタイプではない。海外帰り休み明け初戦ということもあり、オッズは2倍後半~4倍台になってきそう。

府中牝馬S 2017 予想オッズ/アドマイヤリード(3.3倍)

今年は5戦してGI勝ちを含み【3.1.0.1】の好成績でまさに飛躍の年。唯一の馬券外となるクイーンS・6着も、器用さに欠ける同馬にとって直線の短い洋芝札幌は適性がなさすぎたため言い訳がきくもの。ヴィクトリアマイルを制した東京に戻れば、同馬の瞬発力が最大限活かせるはずで前走のような情けない競馬にはならない。オッズは3倍~4倍台になってくると予想する。

府中牝馬S 2017 予想オッズ/クイーンズリング(7.8倍)

昨年のこのレースの勝ち馬が連覇を狙い今年も参戦。昨年暮れ香港遠征の影響もあってか、今年初戦の阪神牝馬Sでは見せ場のないレースで15着惨敗。ただ前走ヴィクトリアマイルでは、直線一旦は先頭に並びかける見せ場のあるレースで0.4秒差6着と復調気配が出てきた。芝1800mは3戦2勝と得意にしており、連覇の可能性も十分に秘めている。オッズは6倍~9倍台を推移してくるはず。

↓↓このレースの「穴馬」とは?↓↓

府中牝馬ステークス2017 [狙い目となる穴馬は?]

有力どころは次走のGIを意識し休み明けの前哨戦仕様ため、夏場を使われここがピークの馬を狙いたいところ。キンショーユキヒメは、前走ムーンライトHでは手強い牡馬相手に競り勝っており、牝馬同士なら重賞でも勝ち負けできる力をつけている。バンゴールは、東京・新潟では凡走がなく【4.1.2.3】の左回り巧者。東京1800mは同馬にとってベストの舞台で勝負気配も高い。


★ 1週前出走予定馬 ★  10/29(日)開催【天皇賞秋】注目馬チェック

《イスラボニータvs3歳馬》 富士S→マイル路線で世代交代勃発か?

★ 1週前出走予定馬 ★  10/28(土)開催【スワンS】注目馬チェック

今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA