セントライト記念2017予想オッズ/2頭が抜けた人気に | 本気競馬
予想オッズ

セントライト記念2017予想オッズ/2頭が抜けた人気に

odds_s

セントライト記念2017 [予想オッズ]

予想オッズ 出走予定馬 斤量/性齢 厩舎
2.4倍 アルアイン 56.0kg/牡3 池江 泰寿
3.5倍 セダブリランテス 56.0kg/牡3 手塚 貴久
7.2倍 サトノクロニクル 56.0kg/牡3 池江 泰寿
9.6倍 クリンチャー 56.0kg/牡3 宮本 博
12.8倍 プラチナヴォイス 56.0kg/牡3 鮫島 一歩
18.2倍 ミッキースワロー 56.0kg/牡3 菊沢 隆徳
26.7倍 イブキ 56.0kg/牡3 奥村 武
32.4倍 ロードアルバータ 56.0kg/牡3 角居 勝彦
38.1倍 チャロネグロ 56.0kg/牡3 大和田 成
50.4倍 サーレンブラント 56.0kg/牡3 戸田 博文
58.9倍 ローリングタワー 56.0kg/牡3 伊藤 伸一
69.1倍 インペリアルフィズ 56.0kg/牡3 小島 太
82.4倍 サンシロウ 56.0kg/牡3 柄崎 孝
92.3倍 クレッシェンドラヴ 56.0kg/牡3 二ノ宮 敬宇
113.7倍 サンデームーティエ 56.0kg/牡3 谷原 義明
132.6倍 スティッフェリオ 56.0kg/牡3 音無 秀孝
170.3倍 ストロングレヴィル 56.0kg/牡3 堀 宣行
192.1倍 ブラックギムレット 56.0kg/牡3 柴田 政人
210.3倍 ブラックロード 56.0kg/牝3 矢野義幸 (岩手)

※倍率は2017/9/11現在の予想数値

セントライト記念2017 [出走予定馬短評]

昨年は皐月賞馬とラジオNIKKEI賞勝ち馬が1・2番人気を形成、結果的にも両馬のワンツーで終わったセントライト記念。今年も皐月賞馬アルアインとラジオNIKKEI賞を制したセダブリランテスがエントリーしており、有力馬の臨戦過程が昨年と全く同じ構図になっている。オッズ的にもこの2頭が抜けた人気になる可能性が高く、その他の出走馬は伏兵扱いとなってきそう。

セントライト記念 2017 予想オッズ/アルアイン(2.4倍)

皐月賞では9番人気の低評価を覆しレースレコードで快勝、二の脚が早く位置取りに自在性があるのが強みで中山適性の高さを感じさせる走りだった。ダービーでも正攻法の競馬で5着と世代トップクラスの能力を示しており、相手関係が大幅に楽になった今回崩れる場面は考えにくい。同じノーザンファームのダービー馬レイデオロが別路線を選択したことにより、菊花賞までルメール騎手が騎乗予定で鞍上も強化。オッズは2倍~3倍台が想定される。

セントライト記念 2017 予想オッズ/セダブリランテス(3.5倍)

前走のラジオNIKKEI賞は、すんなり道中3番手につけるとラスト3Fメンバー2番目の上がりタイムでまとめるそつのない走りで3連勝を決めた。直線叩き合いで2着に負かしたウインガナドルが、新潟記念で古馬相手に0.1秒差4着と善戦していることも、この馬の評価を上げる要素となった。相手強化・斤量2kg増と乗り越えるべき課題はあるが、無敗馬で底知れない魅力もありオッズは3倍~4倍台を推移してきそう。

セントライト記念 2017 予想オッズ/サトノクロニクル(7.2倍)

ダービーは補欠1番手で出走が叶わなかったが、裏開催の白百合Sを完勝。前走ラジオNIKKEI賞では6着敗退したが、重賞未勝利馬にトップハンデ斤量57kgが設定されておりハンデキャッパーもこの馬の能力を高く評価している証拠。血統的にも奥手で成長力がありそうなため、今後への期待値も含め5~8倍台の支持を集めそう。

↓↓このレースの「穴馬」とは?↓↓

セントライト記念2017 [狙い目となる穴馬は?]

このレースは、過去のデータ的に前走条件戦だった馬でも馬券対象に入り好走するケースも多い。前走いわき特別では展開不向きも3着まで追い込み健闘したミッキースワロー、逃げを徹底して新境地を開き連勝中のサンデームーティエ、相手なりに走れて安定感のある青葉賞5着のサーレンブラント。これらの馬たちは展開面の追い風があれば上位進出して高配当を運んでくれそう。


今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA