新潟2歳ステークス2017予想オッズ/1桁台は6頭前後 | 本気競馬
予想オッズ

新潟2歳ステークス2017予想オッズ/1桁台は6頭前後

odds_s

新潟2歳ステークス2017 [予想オッズ]

予想オッズ 出走予定馬 斤量/性齢 厩舎
3.6倍 ムスコローソ 54.0kg/牡2 手塚 貴久
4.3倍 グランデウィーク 54.0kg/牡2 畠山 吉宏
6.8倍 テンクウ 54.0kg/牡2 奥村 武
6.9倍 フロンティア 54.0kg/牡2 中内田 充正
8.6倍 プレトリア 54.0kg/牡2 中川 公成
9.2倍 コーディエライト 54.0kg/牝2 佐々木 晶三
10.4倍 オーデットエール 54.0kg/牡2 須貝 尚介
16.9倍 フィルハーモニー 54.0kg/牝2 中舘 英二
18.2倍 シンデレラメイク 54.0kg/牝2 鮫島 一歩
25.1倍 マイネルサイルーン 54.0kg/牡2 清水 英克
36.8倍 ダンツセイケイ 54.0kg/牡2 山内 研二
42.9倍 キボウノダイチ 54.0kg/牡2 松元 茂樹
56.7倍 エングローサー 54.0kg/牡2 清水 久詞
60.1倍 トッカータ 54.0kg/牡2 和田 雄二
74.3倍 ライリー 54.0kg/牡2 森 秀行
96.7倍 ラインギャラント 54.0kg/牝2 水野 貴広
120.4倍 ジャスパーエイト 54.0kg/牡2 森 秀行

※倍率は2017/8/21現在の予想数値

新潟2歳ステークス2017 [出走予定馬短評]

近年ではクラシックを意識する有力2歳馬の始動が早くなる傾向があり、年々重要度が高くなってきた新潟2歳S。早い時期の2歳重賞で出走予定馬の大半が1戦1勝馬。オッズについても比較材料に乏しいため単勝10倍を下回る馬が6頭前後は出そうな状態。直前追い切りの動きなど、今後出てくるであろう情報の数々により、人気順も大きく変動してきそう。

新潟2歳ステークス 2017 予想オッズ/ムスコローソ(3.6倍)

新馬戦では直線でフラフラとしながらも1頭手応えの違う末脚で5馬身差の快勝。負かした2・3着馬がその後にすんなり勝ち上がったおかげで、レースレベルと同馬の強さが裏付けられている。ヘニーヒューズ産駒で手塚厩舎とくれば芝ダート兼用で朝日杯を制覇したアジアエクスプレス。前走の勝ちっぷりから同馬にもその再来を期待させる大物感がある。先々はダートでも活躍が期待されるが、2歳重賞なら芝でも仕上がりの早さと素質で主役候補。3倍から4倍台のオッズが想定される。

新潟2歳ステークス 2017 予想オッズ/グランデウィーク(4.3倍)

初戦は出遅れ気味のスタートに加えて4角でも大外に膨みロスの多い不器用なレースぶりだが、直線では抜群の反応で一気に先頭を飲み込み余裕ある勝ちっぷり。まだ荒削りだが小回り1800mを捲り気味に長く良い脚を使っており、伸び伸びとレースができる新潟外回りは確実にプラス材料。前走の走りからスケールの大きさを感じた人も多いはずで、3倍~5倍台の人気を集めそうな雰囲気。

新潟2歳ステークス 2017 予想オッズ/テンクウ(6.8倍)

新馬戦ではスッと道中2番手つけ、直線でも3F33.7でまとめる完成度の高い走り。2着に負かしたニシノベースマンがダリア賞3着と好走したことでより人気を集めそう。1つ上の兄イブキが昨年このレースで3着と好走、関係者が同馬を兄以上と評価している点も見逃せない。既に左回り1600mを勝っていることで舞台適性の不安はなく、5倍~8倍前後で推移してくる。

新潟2歳ステークス2017 [狙い目となる穴馬は?]

直近10年で勝ち馬こそほぼ上位4番人気以内だが、2・3着なら10番人気以下が7頭絡んでいる。馬券的には人気上位を軸に相手を手広く拾っていくスタイルが高い回収率に結びつくレースといえる。2戦目で大きな変わり身をみせたコーディエライト、新種牡馬ディープブリランテ産駒の期待馬で5馬身差勝ちのシンデレラメイク、新馬戦ではスピードの違いで楽に逃げ切ったフロンティアなど伏兵候補も多数。過去のデータからは前走未勝利戦組も馬券対象になることが多いため、ダンツセイケイ・トッカータ・エングローサーあたりも相手としては押さえておきたい。


★ 1週前出走予定馬 ★  9/30(土)開催【シリウスS】注目馬チェック

《JBC/チャンピオンズCへ向けて》 シリウスS→実力馬の力比べに注目!

今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA