キーンランドカップ2017予想オッズ/絶対的な中心馬不在でも… | 本気競馬
予想オッズ

キーンランドカップ2017予想オッズ/絶対的な中心馬不在でも…

odds_ss

キーンランドカップ2017 [予想オッズ]

予想オッズ 出走予定馬 斤量/性齢 厩舎
3.4倍 モンドキャンノ 53.0kg/牡3 安田 隆行
4.6倍 ネロ 57.0kg/牡6 森 秀行
6.8倍 シュウジ 58.0kg/牡4 須貝 尚介
7.2倍 ソルヴェイグ 54.0kg/牝4 鮫島 一歩
9.6倍 ブランボヌール 55.0kg/牝4 中竹 和也
10.3倍 イッテツ 56.0kg/牡5 斎藤 誠
12.8倍 エポワス 56.0kg/せ9 藤沢 和雄
18.2倍 メイソンジュニア 53.0kg/牡3 渡辺 薫彦
22.9倍 ナックビーナス 54.0kg/牝4 杉浦 宏昭
36.8倍 ヒルノデイバロー 56.0kg/牡6 昆 貢
42.7倍 ノボバカラ 57.0kg/牡5 天間 昭一
60.4倍 フミノムーン 56.0kg/牡5 西浦 勝一
72.9倍 ライトフェアリー 54.0kg/牝5 石毛 善彦
92.3倍 マユキ 54.0kg/牝6 森 秀行

※倍率は2017/8/21現在の予想数値

キーンランドカップ2017 [出走予定馬短評]

函館スプリントS勝ち馬ジューヌエコールが蹄不安で回避、一応の人気はモンドキャンノが集めそうだが、絶対的な中心馬不在となり俄然混戦ムードが増してきた印象。昨年は3歳馬がワンツーを決めたが、今年は3歳馬2頭のみで重賞実績のある古馬勢も人気を集めそう。またWASJの札幌開催が決まってからは、このレースと施行時期がかぶり国内外のトップジョッキーたちによるの重賞共演が実現。多彩な鞍上から馬券検討してみるのも一考に値する。

キーンランドカップ 2017 予想オッズ/モンドキャンノ(3.4倍)

昨夏の函館2歳Sでは1倍台の人気を集め2着、その後は朝日杯FSでも2着と好走し短距離馬として世代トップクラスの地位を確立。年明け2戦は距離延長路線に色気を出し惜敗が続くが、母父サクラバクシンオーでスプリント路線でこそ期待したい血統の馬。4戦ぶりの1200m戦で初古馬対戦になるが、洋芝実績と高い将来性を見込まれて3~5倍台のオッズが予想される。

キーンランドカップ 2017 予想オッズ/ネロ(4.6倍)

アイビスサマーダッシュでは10着惨敗するも、半年ぶり斤量58kgなら言い訳がきくもので極端な人気落ちはなさそう。今年はスプリンターズSから逆算している余裕あるローテも好印象、叩き2戦目の上積みも大きい。昨年サマースプリントでの活躍実績もあり4~8倍前後を予想。鞍上には南関東若手のエース格・中野省吾騎手を起用予定、船橋所属の有望株で後々はJRA転身の可能性も秘めるだけに鞍上にとってもモチベーションは高い1戦。

キーンランドカップ 2017 予想オッズ/シュウジ(6.8倍)

昨年は函館・札幌の重賞連戦で連続2着、暮れの阪神カップではG1級のメンバー相手に完勝しており実績面では最上位の存在。年明け3戦は見せ場のないレースを続け早熟説もささやかれはじめたが、今回は早々とモレイラ騎手を確保して陣営的にも背水の陣を敷いてきた。先週土日7勝と好調の鞍上人気も加味すれば、近走大敗続きとはいえ5~9倍台のオッズに落ち着くはず。

キーンランドカップ2017 [狙い目となる穴馬は?]

前走OP組からはUHB賞からの好走が目立っており、イッテツ・エポワス・ヒルノデイバローが当てはまる。特にエポワスは毎年北海道シリーズに参戦しており洋芝適性ではメンバー屈指、前走7着で人気落ちするようなら馬券妙味も出てくる。また札幌芝1200mはアドマイヤムーン産駒が連対率・複勝率ともに優秀な成績を残しており、唯一の同産駒であるフミノムーンの存在も、しっかり頭に入れておきたい。


★ 1週前出走予定馬 ★  11/25(土)開催【京都2歳S】注目馬チェック

《JC後の注目重賞》 京阪杯→強力牝馬勢vsGI馬の♂

★ 1週前出走予定馬 ★  11/26(日)開催【京阪杯】注目馬チェック

今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA