関屋記念2017予想オッズ/強敵揃い実力拮抗 | 本気競馬
予想オッズ

関屋記念2017予想オッズ/強敵揃い実力拮抗

odds_s

関屋記念2017[予想オッズ]

予想オッズ 出走予定馬 斤量/性齢 厩舎
3.1倍 ウインガニオン 57.0kg/牡5 西園 正都
4.2倍 ブラックムーン 56.0kg/牡5 西浦 勝一
6.2倍 メートルダール 56.0kg/牡4 戸田 博文
8.6倍 ダノンプラチナ 56.0kg/牡5 国枝 栄
8.9倍 ヤングマンパワー 57.0kg/牡5 手塚 貴久
9.7倍 ロードクエスト 56.0kg/牡4 小島 茂之
12.6倍 マイネルハニー 56.0kg/牡4 栗田 博憲
16.5倍 ダノンリバティ 56.0kg/牡5 音無 秀孝
22.6倍 マルターズアポジー 57.0kg/牡5 堀井 雅広
28.4倍 オールザゴー 53.0kg/牡3 矢作 芳人
38.1倍 ウキヨノカゼ 55.0kg/牝7 菊沢 隆徳
42.7倍 クラリティスカイ 56.0kg/牡5 斎藤 誠
63.2倍 トーセンデューク 56.0kg/牡6 藤原 英昭
72.8倍 レッドレイヴン 56.0kg/牡7 藤沢 和雄
80.3倍 ロサギガンティア 57.0kg/牡6 藤沢 和雄
96.5倍 ショウナンバッハ 56.0kg/牡6 上原 博之
120.7倍 ムーンエクスプレス 54.0kg/牝5 鈴木 孝志

※倍率は2017/8/7現在の予想数値

関屋記念2017[出走予定馬短評]

毎年お盆時期の開催で盛り上がりを見せる、サマーマイルシリーズ第2戦・関屋記念。ご存じの方も多いかと思いますが、舞台となる新潟外回りコースは日本最長の直線が特徴で、その直線での攻防が最大の見所。これまでも幾多の名勝負が生まれてきましたが、直線が長いという点をクローズアップしていくと、前半スローで進み、後半のペースが極端に早くなる傾向で、いわゆる瞬発力勝負になりやすいコース形態。ただ、距離が距離なだけに、一瞬の切れ味だけでは勝負できず、ロングスパート的な長く良い脚を持続させられるかが好走のポイント。今回は中京記念を勝利し、今年のサマーマイルシリーズ制覇を狙ってるウインガニオンを筆頭に、かなり強力なメンバー構成。直線でも見応えのある戦いが期待できそうです。

関屋記念 2017 予想オッズ/ウインガニオン(3.1倍)

前走中京記念は2番手から早めに先頭に立つと、あとは後続の追い上げを凌ぎ、待望の重賞初制覇。4月末の谷川岳Sから3連勝で重賞ウィナーとなりました。昨年の秋から不振が続いていたことを考えると、ここまでの一変振りは正直驚愕の一言。鞍上の津村騎手も完全にこの馬を手の内に入れており、息の合った騎乗も好走の要因の一つ。これまでは比較的マークもきつくないレースが続いていましたが、前走の中京記念を勝利したことで今回は恐らく相当厳しいマークが施されることが予想されます。この新潟コースでも勝ち星を挙げていますが、直線の長い新潟コースは逃げ馬のこの馬にとっては不利になる可能性も十分。勢いで考えればこの馬がNo.1だと思いますが、ここはある意味試金石のレースとなりそうです。ここでも好走出来るようであれば、本物として見ざるを得ないでしょう。勢いと不安材料が混在する一戦となりそうですが、重賞制覇の影響で上位人気必至、予想されるオッズは3倍~4倍前後で推移しそうです。

関屋記念 2017 予想オッズ/ブラックムーン(4.2倍)

前走の中京記念は前有利な流れの中、位置取りは最悪ともいえる最後方で、馬券圏内すら絶望的かと思われた矢先に、内を上手く突いて抜け出し上がり最速のタイムで何とか3着を確保。それだけの能力のある馬なだけに、前半のレース運びが悔やまれる一戦でした。やや気性に難があり、いかに気分良く走れるかが問題で、恐らくスッと出していくと引っ掛かる可能性があります。今回気分良く走らせるには、やはり前回と同じような位置取りにならざるを得ない感じですが、直線の長い新潟なら最後に届く可能性は十分。直近の2戦でコンビを組んで良い結果を残しているデムーロ騎手が今週騎乗できるかどうかが心配ですが、もしこの馬にも乗れれば好走の可能性はさらに高まるものと思われます。前回のレースは着順以上に強い内容で、その印象から今回も上位人気は必至。予想されるオッズは4倍~5倍前後と見ています。  

関屋記念 2017 予想オッズ/メートルダール(6.2倍)

3歳時から能力の高さは評価されていましたが、それでも勝ちきれない詰めの甘さが残ってしまい、どうも目立った成績を挙げる事ができていない状況。2走前の新潟大賞典でも1番人気を背負い良い脚を使いながらも、最後は届かず3着に敗戦。これは何とももどかしいレース振りでしたが、それを払拭すべく挑んだ前走・多摩川SではOP実績も豊富なハクサンルドルフにクビ差ながらキッチリと勝利。多少ですが、弱点となる詰めの甘さも改善されてきている走りを見せてくれました。良くも悪くも相手なりに走るのは、この馬の個性みたいなところもあり、前走の着差はあまり考えずに勝ちきれたことを評価すべきでしょう。今回のメンバーは強敵揃いとなりますが、相手なりに走れるこの馬の個性が良い方に活きるのであれば、ここでも好走は十分あり得る。前走負かした相手を考えれば今回それなりの人気になってもいいはずで、予想されるオッズは6倍~7倍前後で推移しそうです。

関屋記念 2017 予想オッズ/ダノンプラチナ(8.6倍)

過去の実績を考えれば今回のメンバー中、明らかに格上の立場ですが、近走は明らかに順調さを欠いており、不安材料の方が多いまま出走している印象。体質の弱さから満足に調教を積む事が出来ず、毎回と言っていいほどプラス体重となっている点は否めません。これは決して良いとは言えない不安材料だが、逆の視点で考えればこの状態でもそれなりの実績を残しているわけで、地力に関しては相当なものがあると判断できなくもないです。今回は約10ヶ月振りの実戦復帰ですが、過去休み明けでも重賞で好走を見せている馬ですので、大きな割引材料となることもなさそうです。まずは無事に走り切ることが重要でしょうが、その中でも好走してしまうのではないかと思えるほどの実績がありますので、ここもそれなりの人気となりそうで、予想されるオッズは8倍~9倍前後になると見ています。

関屋記念2017[レース見解]

恐らく今回のメンバー構成であれば、ウインガニオンが先手を主張し、直前長い新潟コースを考えればハイペースになることはまずないと見ています。ただウインガニオンがサマーマイル路線の先頭に立っていることを考えれば、他の陣営も何かしらの対策は打ってくるはずで、そう簡単にはいかない可能性も…。様々な駆け引きがこの1600mの中で起こりそうで、一瞬たりとも目が離せない一戦となるでしょう。


★ 1週前出走予定馬 ★  9/30(土)開催【シリウスS】注目馬チェック

《JBC/チャンピオンズCへ向けて》 シリウスS→実力馬の力比べに注目!

今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA