エルムステークス2017予想オッズ/今はテイエムジンソク断トツ人気 | 本気競馬
予想オッズ

エルムステークス2017予想オッズ/今はテイエムジンソク断トツ人気

odds_dd

エルムステークス2017[予想オッズ]

予想オッズ 出走予定馬 斤量/性齢 厩舎
2.8倍 テイエムジンソク 56.0kg/牡5 木原 一良
4.5倍 ピオネロ 56.0kg/牡6 松永 幹夫
5.5倍 コスモカナディアン 56.0kg/牡4 金成 貴史
7.8倍 ロンドンタウン 57.0kg/牡4 牧田 和弥
9.6倍 クリノスターオー 56.0kg/牡7 高橋 義忠
12.3倍 リーゼントロック 56.0kg/牡6 矢作 芳人
18.2倍 モンドクラッセ 56.0kg/牡6 清水 英克
26.9倍 メイショウスミトモ 56.0kg/牡6 南井 克巳
32.4倍 オヤコダカ 56.0kg/牡5 米川 昇(北海道)
46.1倍 ショウナンアポロン 56.0kg/牡7 古賀 史生
52.8倍 リッカルド 57.0kg/せ6 黒岩 陽一
60.7倍 ヨヨギマック 56.0kg/牡6 岡田 稲男
72.1倍 タマモホルン 56.0kg/牡6 小久保智(浦和)
83.4倍 ドリームキラリ 56.0kg/牡5 矢作 芳人
92.3倍 マイティティー 54.0kg/牝5 本田 優
110.7倍 サングラス 56.0kg/牡6 谷 潔
140.6倍 ラインハート 54.0kg/牝6 上原 博之

※倍率は2017/8/7現在の予想数値

エルムステークス2017[出走予定馬短評]

今週は真夏の札幌でダートの実力馬たちが一堂に会するエルムステークスが札幌競馬場にて行われます。夏競馬における古馬混合ダート重賞は1400mのプロキオンSと1700mのエルムSのみで、必然的にダートの有力馬はここに集う形で激突する格好。秋へ向けて賞金加算を目論む陣営もあれば、実績豊富な馬が秋へ向けて叩き台を目論む陣営もあり、その参戦理由は様々です。夏の名物ダート重賞、今年も例年同様に有力馬が出走を表明し、注目したい1戦です。

エルムS 2017 予想オッズ/テイエムジンソク(2.8倍)

近走のレース内容から明らかに本格化の兆しが見受けられる。ここ3戦は全て完勝と言える好内容で、それぞれのレースで2着に4馬身以上の差をつけており、まさに圧巻。特に前走のマリーンSではトップハンデを背負いながらの圧勝振りですから、重賞のメンバー相手でも即通用の可能性は十分。連勝の要因の一つとして、一番に目に付くのが鞍上が竹之下騎手から、古川騎手へと手替りした点。竹之下騎手時代は、なかなか勝ち切れない面も見せていたが、乗り替わった途端に圧巻の3連勝。単に本格化に向かっていく段階で良いタイミングだったとの可能性はありますが、それにしても古川騎手とはよほど手が合っているといった印象は簡単には拭えません。小回りコースも経験していますし、比較的自在性のある脚質で、どこからでもレースが出来るのは大きな強み。恐らくここを勝って大舞台へと計算しているはず。夏もかなり使い込んでいるところからも、ここは恐らくメイチ勝負。あとは相手関係でどこまで通用するかとなりそうですが、連勝中という点とその勝ちっぷりから、ここは上位人気は確実。オッズも2倍~3倍前後で推移しそうです。

エルムS 2017 予想オッズ/ピオネロ(4.5倍)

これまで重賞の勝ち鞍こそありませんが、シリウスSや名古屋大賞典、そして前走のマーキュリーCでそれぞれ2着に入っており、重賞実績は豊富。元々は芝のレースを走っていましたが、ダートに転向してからは比較的安定した走りを見せているところからも、この転向という決断は吉と出ている印象。とはいえ、安定感のある走りが持ち味ではあるものの勝ちきれない面があることも確か。今回も上位争いに食い込んでくるとは思いますが、勝ちきるまではどうかといった疑問符は付いてしまいます。ただ逃げ・先行有利なコース形態ということもあり、前に行ける脚質は魅力的。絶好調男である戸崎騎手が乗れることも評価したい点。近走の成績から勝ち切れない面を含めたとしても、このメンバーでは上位人気必至とみており、当日のオッズも4倍~5倍前後で落ち着きそうです。

エルムS 2017 予想オッズ/コスモカナディアン(5.5倍)

年明けの川崎記念で格上挑戦ながら3着と好走し、一躍重賞戦線でも主役クラスへと上り詰めた馬。川崎記念の結果は単なるフロックでは?と思われていましたが、続く仁川Sで後に重賞を楽勝するグレイトパールと壮絶な叩き合いを披露。結果は2着に敗れたものの、3着以下には9馬身の差を付ける圧倒的なレース振りで、GI戦3着がフロックでないことを証明しました。その後のマーチSの大敗は恐らく叩き合った代償として、体力的に疲れが残っていただけと捉える事もできる為、前走・安達太良Sの勝利がこの馬本来の姿と見ていい。あとは小回りコースに対応できるかどうかがポイントとなりそうですが、一応コーナー4つのコースでの好走経験もあり、さほど心配する必要はないと見ています。実績を見てもこのメンバーなら上位人気に推されそうですが、予想されるオッズは5倍~6倍前後となりそうです。

エルムS 2017 予想オッズ/ロンドンタウン(7.8倍)

ここ数戦は重賞競走のみを使い、佐賀記念制覇やマーチS2着など確実に地力強化が窺える。以前は短距離を使っていたようにスピード一辺倒のレースが多かったが、距離延長して以降はレース振りに幅が出た印象で、その辺りが地力強化に繋がっている気がします。今回の小回りコースは、前々で競馬するこの馬にとってはプラスに影響し、強力な同型も不在で、展開面でも前走に比べて楽になるはず。となれば、昨年のリッカルドのようなレースが理想で、4コーナーで早目先頭に立てれば上位争いも十分可能な存在。前走・平安S12着と大敗を喫したところから多少人気は落ちそうですが、このメンバーなら実力・地力上位は明白で、最終的なオッズは7倍~8倍前後で収まりそう。

エルムステークス2017[レース見解]

ハナを切りそうな馬が何頭かいますが、行き切れそうなのはわずかで恐らくドリームキラリやリーゼントロック、あとはロンドンタウンなどが先手争いを主張しそう。ただ激化するほどでもありませんので、恐らくスンナリ位置取りは決まるはず。となれば途中で動く馬が現れなければ、そこまで速いペースになることはなく、例年通り前が残るレースとなりそう。秋の大舞台へ向けて、果たしてどの馬が勝ち名乗りを挙げることができるのか?


★ 1週前出走予定馬 ★  9/30(土)開催【シリウスS】注目馬チェック

《JBC/チャンピオンズCへ向けて》 シリウスS→実力馬の力比べに注目!

今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA