レパードステークス2017予想オッズ/エピカリスの弱点とは? | 本気競馬
予想オッズ

レパードステークス2017予想オッズ/エピカリスの弱点とは?

odds_dd

レパードステークス2017[予想オッズ]

予想オッズ 出走予定馬 斤量/性齢 厩舎
2.1倍 エピカリス 56.0kg/牡3 萩原 清
4.8倍 アディラート 56.0kg/牡3 須貝 尚介
8.5倍 ハルクンノテソーロ 56.0kg/牡3 高木 登
10.2倍 タガノディグオ 56.0kg/牡3 宮 徹
12.6倍 イブキ 56.0kg/牡3 奥村 武
18.3倍 テンザワールド 56.0kg/牡3 大久保 龍志
20.1倍 ローズプリンスダム 56.0kg/牡3 畠山 吉宏
28.2倍 サンチェサピーク 56.0kg/牡3 加藤 征弘
32.4倍 シゲルコング 56.0kg/牡3 松永 康利
36.9倍 タガノカトレア 54.0kg/牝3 岡田 稲男
42.9倍 ノーブルサターン 56.0kg/牡3 牧浦 充徳
56.8倍 タガノグルナ 56.0kg/牡3 大根田 裕之
60.2倍 トラネコ 56.0kg/牡3 堀井 雅広
72.3倍 スターストラック 56.0kg/牡3 栗田 博憲
86.7倍 サルサディオーネ 54.0kg/牝3 羽月 友彦
92.1倍 ダンサクドゥーロ 56.0kg/牡3 松永 昌博
110.8倍 ビービーガウディ 56.0kg/牡3 久保田 貴士
146.8倍 テイエムアンムート 54.0kg/牝3 柴田 光陽
160.9倍 クリノフウジン 56.0kg/牡3 高橋 義忠
186.7倍 ベルエスメラルダ 54.0kg/牝3 村山 明
200倍以上 ブライトンロック 56.0kg/牡3 田中 清隆
200倍以上 ホーリーブレイズ 56.0kg/牡3 佐藤 正雄
200倍以上 マンカストラップ 56.0kg/牡3 伊藤 大士
200倍以上 メイプルブラザー 56.0kg/牡3 山内 研二
200倍以上 ラユロット 54.0kg/牝3 藤沢 和雄

※倍率は2017/7/31現在の予想数値

レパードステークス2017[出走予定馬短評]

今年のJRA3歳ダートの最終重賞・それ故に最強を決める戦い・レパードステークスが今週末開催を予定しています。地方交流GIにジャパンダートダービー(JDD)がありますが、メンバーレベルを考えると中央で行われるこのレースが実質的には、この世代のNo.1ダート馬決定戦。過去の勝ち馬にはトランセンドやホッコータルマエなど後にGIを制する名馬が名を連ねており、統計的にはこのレースで好走した馬の方がJDDで好走した馬よりも出世する確率が高いといったデータもあります。そんな中、今年最大の注目はやはりエピカリスでしょう。前走のアメリカ・ベルモントSを直前で出走取り消しとなったのは非常に残念でしたが、これまでの戦績を見れば能力の高さは一目瞭然。この世代No.1を証明すべく、今回の参戦となりましたが、取り消し明け・休み明けと決して良い条件ではありません。そして今年の3歳ダート路線はなかなかにハイレベルということもあり、油断は禁物。当然、虎視眈々と王座を狙っている陣営は多数おり、今年も見応えのある戦いが期待できそうです。

レパードS2017予想オッズ/エピカリス(2.1倍)

デビューからの3戦は全て2着馬に1秒以上の差をつける圧巻のパフォーマンスを見せ、一躍この路線のスターに成長。特に北海道2歳優駿でのレース振りは圧巻で、後にJDDを制することになるヒガシウィルウィンに2秒4という大差をつけて勝利。ほぼ馬也で1周回ってきただけ、特に何もすることなく走ってこの着差ですから、正直ものが違うとしか言いようのない走りを披露しました。その後はヒヤシンスSで初めて接戦を経験することになりますが、恐らくあの3/4馬身という着差はどこまでいってもあのままで、着差以上に強い内容での勝利。UAEダービーでは惜しくも2着でしたが内容は悪くなく、今回も状態さえ整っていれば当然負けられないはず。報道も過熱の一途を辿ることを考えれば、本番当日も恐らく1番人気は間違いないでしょう。懸念材料としては、海外遠征帰り・取り消し明けといった点で、その影響で1倍台まで下がるかどうかは微妙。そこも考慮し予想されるオッズは2倍~3倍前後で推移していくと見ています。

レパードS2017予想オッズ/アディラート(4.8倍)

デビューから3戦は芝を使いましたが、勝ち切れないレースが続いた為、心機一転ダートに転向。これが功を奏した形となり、ここまで6戦を消化し馬券圏外となったのはUAEダービーのみ。それ以外は全て連対する安定した成績を残しています。現3歳世代でエピカリスに唯一迫ったのはこの馬だけ、迫ったヒヤシンスS位走る事が出来れば、今回多少不安要素があるエピカリスを逆転できる可能性はなくはない。少し使い詰めで上積みこそあまり期待出来ませんが、気配面や馬体面などトータル的に高レベルで維持出来ていれば、走りに問題ないと思います。新潟ダートコースは過去の結果を見ても逃げ馬の方が有利で、エピカリスよりも前に行けるこの馬には展開的に有利なレースとなりそう。唯一苦しめた点からも、上位人気必至で予想されるオッズは4倍~5倍前後と見ています。

レパードS2017予想オッズ/ハルクンノテソーロ(8.5倍)

500万を勝ち上がるまでに多少時間が掛かった印象ですが、差しを主体にしたスタイルを確立してから成績が安定傾向に。特にここ4走は全て上がりが最速、または2位までにまとめる事が出来ている点は、この3歳世代の中では破壊力のある末脚を持っていると思います。前走のユニコーンSでは勝ち馬にこそ離されたものの、3着馬には2馬身の差をつけており、勝ったサンライズノヴァは脚抜きの良い馬場が得意なところを考慮すれば、2着でも十分に評価出来る内容。実際3着に負かしたサンライズソアは次走JDD2着と好走。決してレースレベルも低くないところからも、この馬の評価が上がる要因になっています。反面、走っても比較的飛び抜けた人気になりづらい馬で、今回も上位とはいえ手頃な人気に落ち着くのではないかと見ています。想定されるオッズは7倍~8倍前後。

レパードS2017予想オッズ/タガノディグオ(10.2倍)

芝でのデビュー戦こそ大きく着順を落とす結果になりましたが、ダートに転向後は10戦して馬券圏外無しという超が付くほどの堅実派。特に10戦の内9戦で上がり最速を記録。末脚の堅実さは突出しており、ここ2走は地方交流ながらこの中央の舞台でも通用する可能性は十分。懸念材料として、初めての左回りがどう影響するか?といったところですが、特に苦にするようなイメージもなく、それほど心配する必要はないと見ています。中央での実績がない分、多少人気は落ちそうで入れ替わる可能性はありつつ、想定されるオッズは10倍~11倍前後で推移しそうです。

レパードステークス2017[レース見解]

今回のレースの最大の肝はエピカリスの位置取りということになりそうです。少なくともエピカリスを後ろから差すというのはなかなか難しいでしょうから、前目に付けて粘りこみを図りたいのが大半の陣営の思惑ではないかと睨んでいます。特に新潟ダートコース自体が逃げ・先行が有利なコース。圧倒的人気が予想されるときほど難しい競馬はありません。プレッシャーを跳ね除け重賞を制することができるのか?はたまた逆転を起こす馬が現れるのか?注目したい1戦です。


★ 1週前出走予定馬 ★  11/26(日)開催【京阪杯】注目馬チェック

《JC後の注目重賞》 京阪杯→強力牝馬勢vsGI馬の♂

★ 1週前出走予定馬 ★  11/25(土)開催【京都2歳S】注目馬チェック

今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA