【2016 KBC杯 競馬】 予想 レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 KBC杯 競馬】 予想 レース展開と馬券考察

2016 KBC杯[レース予想]

小回りダート1700で、能力と同時に適性も問われる一戦。上のクラスだけに流石に巧者揃いだが、中でも適性一番は、この舞台負けなしのトップボンバーか。能力一番は重賞3着の実績、ここが降級戦となるサージェントバッジ。先行勢が揃って締まった流れとなりそうで、最後はモツれる可能性も十分。

KBC杯 予想【◎ クラウンシャイン】

中間除外もあったが、早めに小倉入りをし、入念な調整。ビシッと追って終い12秒0と切れた今週の動きを見ても、デキ落ちは感じられない。小倉は初めてでも小回り1700で[2-0-1-0]の実績。左回りに戸惑った節もある前走の東京戦から、やはりベストは全勝マークの右回りだろう。鞍上にホワイト騎手を配して必勝態勢。ここは落とせない一戦。

KBC杯 予想【○ メイショウヒコボシ】

こちらもクラウンシャイン同様に中間除外で間隔が空いてしまったが、稽古の動きは不安なし。前走でクラス通用のメドはついており、3勝マークの小回り1700に移れば強気になって当然。2走前の米沢S完勝も異常な強さだった。

KBC杯 予想【▲ グレナディアーズ】

昨夏、この舞台で1000万快勝以降、リズムが悪いが、栗東坂路51.9-37.8-12.7と動いた直前の動きから、この時季に調子を上げるタイプなのだろう。復調気配を示し、今回は初ブリンカー。追われると頭を上げるあたり、意外に効果てきめんの可能性。

KBC杯 予想【△ パワーポケット】

すでにこのクラス快勝の実績がある力量馬。相手関係が楽だった前走5着は不満の残る内容だが、久々だったことを思えば情状酌量の余地も。鞍上に名手を配し、改めて注目。

KBC杯 予想[競馬馬券]

何が来ても驚けないメンバー構成。馬券は◎〇▲△の馬単BOX12点で

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

KBC杯は小倉競馬場 第11レース、7月30日15時35分発走予定

★ 1週前出走予定馬 ★  7/1(日)開催【CBC賞】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ ユニコーンS→本命は⑧ハーベストムーン!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA