【2016 習志野きらっとスプリント(S3)予想】レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 習志野きらっとスプリント(S3)予想】レース展開と馬券考察

習志野きらっとスプリント

スプリントシリーズファイナルレース、一瞬の栄光に届け!

習志野きらっとスプリントの昨年の勝ち馬はルックスザットキル。
短距離戦らしく好スタートから先団につけると、最後の直線で前を捉えて鋭く伸び、追い込むサトノタイガーを3/4馬身差抑えて優勝。
タイム59秒3は過去5回では最も遅いが、まだ歴史も浅く、基準からかけ離れたタイムでも無い。
同馬は今年も連覇を狙って出走してきたが、今年は上昇急なライバルも出現し、連覇への道は容易ではなさそうだ。

習志野きらっとスプリント 予想【◎ フラットライナーズ】

◎はフラットライナーズ。
前年優勝馬ルックスザットキルの連覇に、待ったをかけるのがこの馬だ。
船橋では4勝と地の利が有り、ルックスザットキルと同じ4歳馬だが、ハンデも1kg軽い56kg。とにかくこの馬は短距離嗜好で、1200m以下のレースでは4戦全勝。
持ちタイムでは他の有力馬に一歩及ばないが、それも大舞台の経験の差ゆえのものと思われる。
今回は正に狙っていたレースで、ここを足がかりに短距離界で飛躍を狙う一頭である。
追える左海騎手を鞍上に、直線一気で先団を飲み込むと見た。

習志野きらっとスプリント 予想【〇 ルックスザットキル】

〇はルックスザットキル。
逃げを打ちそうな馬が内枠に揃ったため、前年同様先団2~3番手を楽に進めそうな同馬を対抗に指名する。
今回は昨年優勝時よりもハンデが4kg重たいが、ローテーション的には前走が大井のダート1200mという点で昨年と共通しており、タイムも同じ1分11秒9で、勝ってここに駒を進めてきた。
勝ち負けがはっきりしているタイプで、全成績が8-0-0-9。
極端な成績のため連軸には据えにくいが、全てのレースを早田功駿騎手と共に戦ってきており、コンビの絆は深い。
連覇達成も視野に入っており、軽視できない存在だ。

習志野きらっとスプリント 予想【▲ アドマイヤサガス】

単穴▲にはアドマイヤサガス。
まだまだ現役の中央競馬のオープン馬が、船橋移籍の初戦に当レースを選んできた。
昨年10月の室町Sでは12番人気と低評価だったが、それを一蹴して優勝を果たし、更にその後の重賞・カペラSでも僅差の4着と奮戦している。
1000m戦は意外にも初めてだが、同馬のスピードを見定めるには良い機会で、いきなりの激走も驚けないところ。
差し脚には定評が有り、前年2着のサトノタイガーのように、外から突っ込んでくるシーンも想定しておくべきだろう。
単穴に抜擢だ。

習志野きらっとスプリント 予想【△ イセノラヴィソン】

そして△にイセノラヴィソン。
船橋では10勝を挙げている同馬。このコース実績は群を抜いて光っており、フラットライナーズ以上に地の利を感じさせる一頭だ。
持ちタイム的にも中々見どころが有り、当該コースで59秒5の好時計も計時している。
外枠が鬼門だが、これを上手く捌ければ、54kgのハンデも手伝って前進は有るはずで、前走もフラットライナーズと並んでの上がり最速を計時した末脚も武器になる。
先行する人気馬に視線が集まりそうな今回、一発が怖い一頭である。

習志野きらっとスプリント [馬券考察]

馬券は馬複。流しで、◎~〇▲△の計3点で勝負!

習志野きらっとスプリントは7月20日、船橋競馬第11レース、20時15分発走予定。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA