【2016CBC賞(G3)追い切り診断】狙いはこの馬! | 本気競馬

【2016CBC賞(G3)追い切り診断】狙いはこの馬!

夏の中京競馬が開幕!その開幕週のメインとなるCBC賞は、サマースプリントの第2戦の位置づけ。ここからアイビスSDやセントウルSを経て、スプリンターズSを目標にするのが、今や主流の流れとなってきているだけにこのCBC賞はいきなりメイチの勝負なのか、先を見据えているのか?そのあたりを追い切りでしっかりとチェックしておく必要があるでしょう。

圧巻の坂路49秒台!休み明けでもスピード全開だ!
ベルカント 栗東坂路 49.9 35.9 23.7 12.3 一杯
これだけ動いて、調子が悪いだなんだ言う必要はあるまい。
この馬に関しては50秒を切るタイムでも驚きはしないが、やはり他と比較すれば驚きのタイムではある。ドバイ以来の休み明けではあるがこれだけ動ければ文句はあるまい。昨年の夏も大活躍であったようにこの季節は得意な馬。今年もサマースプリント女王目指してスピードを初戦から全開か。気になるとすれば鞍上の武豊騎手が乗り替わりになるという点か。

古豪が重賞初制覇へ意欲的な調整で勝負だ!
サドンストーム 栗東坂路 51.4 37.5 24.4 12.3 G前追う
この馬が坂路で51秒台をマークしたのはいつ以来か?それほどに久々に好タイムで登坂してきたサドンストームだが調べると実に2年ぶりの好タイムということになった。
今年はダートを試したりと陣営も試行錯誤があったがやはりこの馬が走るのは芝のスプリント!昨年3着の舞台でもあるが今年はハンデが1kg減っての56kg。そして鞍上ルメールとなれば陣営もマジだろう。この追い切りならば狙ってみても良さそうな馬の1頭になる。

G1馬の意地見せる!美浦の坂路で豪快な動きを披露!
スノードラゴン 美浦坂路 51.8 38.2 25.1 12.2 馬なり
このタイム、栗東の坂路ではなく美浦の坂路での計時な点を強調したい。美浦の坂路は未だに時計のかかる状況であるにも関わらずこれだけ動けたのはこの馬の力があるからこそというところか。芝・ダートを問わず、展開が向けば必ず末脚を駆使してくる馬である。そんなスプリンターズSを制しているG1馬がこのメンバー相手に、まず格好はつけなければならないという陣営の意気込みを感じる追い切りであった。

今週は中京競馬場に神スイングの稲村亜美さんが来場するなど、中京競馬は開幕週からイベント盛りだくさん。

お近くにお住まいの方は開催期間中に中京競馬場へ脚を運ばれてみてはいかがでしょうか?

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 中京記念→果たして、こじはるの本命は?

★ 1週前出走予定馬 ★  7/29(日)開催【クイーンS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA