【2016 グリーンS 予想】 レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 グリーンS 予想】 レース展開と馬券考察

2016 グリーンS[レース予想]

確たる中心馬不在。さらにハンデがより混戦に拍車をかける印象だが、思わぬ伏兵馬にも注意を払いたい。上位人気が予想されそうなのはグランアルマダ、エーティータラント、プレストウィック、ペンタトニックあたりか。再度、マイティースコールの大逃げもありそうなメンバー構成。渋馬場に加えて、後ろが牽制し合う展開となれば・・・。有力馬は好機に動いていきたい。

グリーンS 予想【◎ グランアルマダ】

ダイワメジャー産駒らしい、500キロを超す大型馬。距離適性は父に似ず、中~長距離だがスタミナ豊富でパワー型という点は同じだ。ここは勝って同条件となるが、ハンデは前走から2キロ増。自身は問題なく、他馬との兼ね合いとなりそうだ。この中間も坂路で4本。うち3本がビッシリ追われてのもので、とにかく元気一杯。デキは高いレベルで安定とみていいだろう。

グリーンS 予想【〇 エーティータラント】

勝ち切るまでの決定打はない反面、どんな条件でも上位に来る安定感は見逃せない。ひと叩きして順当に上向いた今回は、鞍上強化も強い味方。ここも2~3着は高確率で拾えるはずで、渋馬場になれば母父メジロマックイーンの血が騒ぐか。

グリーンS 予想【▲ スズカルパン】

芝に切り替えてからレース振りが安定。前走は相手関係に恵まれた点も否定できないが、それでも昇級緒戦で3着なら文句なし。7歳馬ながらも再び上昇気流に乗ったと見るべきだろう。この距離は初めてでも、スズカマンボ×母父ラムタラとスタミナ色の濃い配合。むしろ、プラスと出る可能性も高い。

グリーンS 予想【△ プレストウィック】

◎と同じ、中~長距離型のダイワメジャー産駒。叩きつける走法で如何にもタフな阪神コースは合うイメージだが、まずは長距離輸送克服が鍵となるか。長めをビッシリ追われた稽古の動きから、体調面の不安はなさそうだ。

グリーンS [馬券考察]

何が来ても・・・の組み合わせであることは確か。無理に狙わず、◎〇▲△の馬単BOX12点。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

グリーンSは阪神競馬場 第11レース、6月25日15時35分発走予定

★ 1週前出走予定馬 ★  1/28(日)開催【根岸S】注目馬チェック

☆こじはる3連単予想☆ アメリカJCC→こじはるの本命は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA