【2016 かきつばた賞(M3) 予想】 レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 かきつばた賞(M3) 予想】 レース展開と馬券考察

変革の時、才能よ花と咲き誇れ!

昨年のかきつばた賞の勝ち馬はモズ。スタートから予想通り先手を奪うと、ホームストレッチではややちぐはぐになる面も見られたが、競りかける馬も無く、淡々と逃げを打ち4コーナーへ。一旦先頭を譲りかけたが、そこから更に粘りを発揮し、最後は半馬身きっちり残しての快勝劇だった。実力が発揮されやすい舞台でもあり、ほぼ人気通りの決着。今年もメンバーは替わったが、この傾向は続きそうだ。

かきつばた賞 予想【◎ ダイワマッジョーレ】

大物が盛岡での移籍初戦を迎えた。ダイワマッジョーレと言えば中央で重賞を2勝し、マイルチャンピオンシップでも2着するなど、芝の短距離界で一線級として走っていた馬である。ここのところ良績を挙げられていなかったが、4走前の阪神カップでは、勝ち馬ロサギガンティアに0.6秒差と、スピード能力は未だに保持している。今回はデビュー以来初となる2400m戦だが、2000mでは2着2回、5着1回と掲示板を外しておらず、内一度の2着は金鯱賞でのものであり、距離延長は新たな才能の開花となり得る。ここは期待を込めて初陣に注目したい。

かきつばた賞 予想【○ ブレイズアトレイル】

ダイワマッジョーレと同じくダイワメジャーを父に持ち、向こうが社台ファーム生産に対して、こちらはノーザンファーム出身と、似通った要素を持つ同馬が対抗。既に移籍初戦の前走、OROターフ特別では盛岡初勝利を挙げており、ここでも人気を2分する存在となる事は間違いない。その前走では3~4番手追走から後続を5馬身突き放し、上がり最速でゴールするなど、隙の無い競馬を見せた。ここは2頭のマッチレースの様相を見せており、この1勝の経験が勝敗を分ける可能性も有る。対抗とはいえ、本命並みの評価で良いだろう。

かきつばた賞 予想【▲ ロケットボール】

正直上記2頭に割って入る馬がいるとは思えないが、強いて3頭目に挙げるとすればこの馬か。盛岡の芝では2戦連続で1着→2着と連対を確保しており、前走・1700m戦の錦秋湖マラソン賞でも、勝ち馬とタイム差無しの1分47秒1と好タイムをマークしている。今が5歳と競走馬の旬でもあり、且つハンデ差が上位2頭とは2kg有る。どちらかが連対を外すシーンも想定して、一応単穴に据えておく。

かきつばた賞 予想 [馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで◎~▲の計3点で勝負!

かきつばた賞は6月18日、盛岡競馬第10レース、17時10分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA