【2016 HTB杯 予想】 レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 HTB杯 予想】 レース展開と馬券考察

2016 HTB杯[レース予想]

函館開幕。芝1200はもちろん、『内枠』『先行馬』が断然有利となるが、各ジョッキーともその点は重々承知。その騎手心理から、時として思わぬハイペースもあるが、このクラスなら素直に先行決着か。そしてもう一つのポイントが『洋芝適性』。ダート血統、ダート好走馬にもチャンスが広がるだけに、思わぬ伏兵馬には注意を払いたい。メジェルダ、ツクバジャパン、カレンステイシーあたりが逃げ候補。それらを見る形で運べるカービングパスにとっては、絶好の展開か。ナイトフォックス、テーオーソルジャーあたりが続く形で直線勝負型は上手く馬群を捌きたい。

HTB杯 予想【◎ カービングパス】

2走前に牡馬相手に現級勝ち。インを突いて伸びた内容も着差以上のもので、同時で小回り向きの器用さも示した。降級すれば、もちろん能力上位。同じ洋芝でも時計の出る札幌と函館では、一概に同じとは言えないが、それでも札幌2戦2勝は強み。昨夏、北海道で猛威を奮ったハービンジャー産駒なら合わないはずはなく、ここは結果を求められる一戦。

HTB杯 予想【○ メジェルダ】

昨年の函館で未勝利Vと、コース適性は証明済み。小柄で勝った気性面から、滞在競馬が合うタイプ。1400でも我慢が利くが、脚の回転が速いピッチ走法でベストはこの距離。リフレッシュされ、いきなり能力全開だろう。

HTB杯 予想【▲ レンイングランド】

2階級降級とはいえ、オープンでもあまり結果が出なかった馬。1000万だから・・・と飛びつくのは、少々危険な感じもするが、洋芝適性の高さは見逃せない。この馬にとってここは、今後を左右する重要な一戦となりそうだ。

HTB杯 予想【△ ワンダフルラッシュ】

斤量面の恩恵が大きい3歳馬。特に芝1200での52キロは、かなりのアドバンテージ。小柄ながらも、バゴ×ワイルドラッシュの血統面から、洋芝はプラスに働く可能性。スタート決めて、前々なら。

HTB杯 [馬券考察]

◎カービングパスはおそらく崩れない。馬券は3連単1頭マルチの相手3頭18点。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

HTB杯は函館競馬場 第11レース、6月18日15時25分発走予定

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ ユニコーンS→本命は⑧ハーベストムーン!

★ 1週前出走予定馬 ★  7/1(日)開催【CBC賞】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA