【2016 白藤賞 予想】 レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 白藤賞 予想】 レース展開と馬券考察

2016 白藤賞[レース予想]

抜きん出た存在は見当たらない組み合わせ。素質重視か近況重視か。トリッキーな内回りだけに、コース適性を上位に取る手もある。地力、コース適性など総合的に一歩リードはサンライズクロンヌ。久々でどこまで仕上がっているかがポイントか。復帰戦の前走3着と好発進のサラザン。脚質に幅を増した点も強みだ。初勝利後から弥生賞→スプリングSと強敵相手に揉まれた経験が活きてきた前走3着のケンホファヴァルト。出遅れ癖がネックでも末脚非凡なトレジャートローヴ。距離延長克服なら前進可能なビナイーグル。フォーアライターも前走2着と勢い十分。まとめて一蹴なら、道中不利のあったアーリントンCで0.2秒差のビップライブリー。

白藤賞 予想【◎ ケンホファヴァルト】

前走は、最後差し返す勝負根性を見せてのタイム差なし3着。やはり現状では、この形が一番合う。未勝利勝ち直後から、話題優先の弥生賞挑戦だったが、その後もスプリングS10着など、とにかく強い相手と戦ってきた経験が生きてきた印象。絶対ハナが条件で展開面は厳しくはなるが、逆に自分の形を持つ強みも大きい。再度、内回りコースなら期待を持って良さそう。

白藤賞 予想【○ フォーアライター】

母デグラーティアは小倉2歳Sの勝ち馬。その血統面の良さがここに来てグングンと出てきた印象で、前走は好内容2着。クラス突破は時間の問題だろう。こちらも再度同舞台で。

白藤賞 予想【▲ ビップライブリー】

鮮やかな勝ちっぷりが目を引いた新馬戦。前走のアーリントンCも道中不利がありながらの0.2秒差なら、改めて高い素質を証明した形と言える。ひと息入ったが稽古軽快。ここは素質で圧倒の場面も。

白藤賞 予想【△ サンライズクロンヌ】

休前の実績、コース適性からはこの馬が一番手でも納得だが、ヴィクトワールピサ産駒らしく使いつつ良くなるタイプ。追い不足間も残るだけに、今回は割引が必要だろう。

白藤賞 [馬券考察]

確たる軸馬不在で、馬券は安全策で攻めたい。3連系なら取りこぼす可能性が高いだけに、◎○▲△の馬単BOX12点。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

白藤賞は京都競馬場 第11レース、5月29日16時05分発走予定

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA