【2016 やまびこ賞 予想】 レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 やまびこ賞 予想】 レース展開と馬券考察

こだまする声援、高鳴る胸に記憶を刻め!

やまびこ賞の前年の勝ち馬は、断然人気のスペクトル。スタートから先手を主張すると、4コーナーから他馬を突き放し、終わってみれば2着以下に大差をつける圧勝だった。やまびこ賞は、距離が1800mに変更された4年前から、1分55秒台~56秒台の時計で推移しており、今回もこのあたりが水準と見て良いだろう。

やまびこ賞 予想【◎ メジャーリーガー】

前走、岩手日報杯スプリングカップでは、断然人気に支持されたが、5着と人気を裏切った。主な敗因は5ヶ月ぶりの実戦と、同馬にとってペースが合わなかった事だろう。ダートマイルを1分40秒9で走破できるほどのスピードの持ち主で、持ち時計は断然。今回は行く馬が居ないのなら、自身でペースを作れば良い。今回鞍上には森泰斗騎手を呼び寄せて、磐石の布陣で臨む。勝負気配が溢れる一戦だ。

やまびこ賞 予想【○ エンパイアペガサス】

前走、岩手日報杯スプリングカップで、メジャーリーガーを破って優勝したのがこの馬だ。短距離ばかり使われてきた同馬が、マイル初戦であっさり結果を出してきたのを見ると、相当のポテンシャルを秘めているように思われる。水沢で4勝、盛岡では2着2回と、連対を外した事がない。今回は得意の水沢でない事と、◎との持ちタイムの比較から対抗としたが、主役を張ってもおかしくない一頭であり、要注目だ。

やまびこ賞 予想【▲ ツネオー】

勝ち味に遅いが、それでも今回のメンバーでは上位の存在である。マイルの持ち時計1分42秒2は、2歳時に記録されたものであり、まだ時計を縮められる可能性は大いにある。今回の距離は1ハロン長いが、父ウイングアローの血統からも距離延長は問題なさそう。ペースは速くなった方が良さそうなので、メジャーリーガーが引っ張る流れはむしろ歓迎と見る。勝ちきるまではどうかだが、上位進出は十分ある。

やまびこ賞 予想【△ カントリーサイン】

岩手日報杯スプリングカップでは、エンパイアペガサスの2着と、見どころの有る競馬で好配当を演出した。前走は7番人気の低評価ではあったが、そもそも2歳時にマイルで1分42秒台を連発し、安定したスピードを持っていることを証明している。前述3頭よりも外枠で、しかも追い込み脚質の為に展開に左右される事は否めないが、前が全て視野に入っている分動き出し易い事も事実。あとは嵌るか不発かで、不気味な存在感を放つ一頭である。

やまびこ賞 予想 [馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで、◎~△の計6点で勝負!

やまびこ賞は5月1日、盛岡競馬第10レース、16時50分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA