【若鮎賞 2018 予想】 | 本気競馬

【若鮎賞 2018 予想】

yosou_chihou

2018 若鮎賞 [レース予想]

2歳芝マイル戦というカテゴリーといえば中央には朝日杯があるが、地方競馬においては盛岡以外に芝コースがなく、極めて希少な一戦といえる重賞がこの若鮎賞だ。ダートコースの内側に設けられた芝コースでコーナー4回、小回りとはいえ直線の坂がタフさを要求するコースだ。逃げ馬サンエイフラワーが外から先手を主張しそうな今回、内に切れ込んで序盤からそこそこ流れは速くなると思われる。差し馬の台頭にも警戒が必要だ。

若鮎賞 予想【◎ミラクルジャガー】

本命はミラクルジャガー。大外11番枠からのスタートとなる今回の同馬であるが、芝の1000mと1600m戦を芝で連勝してここに参戦。相手関係からも3連勝は十分にあり得るところだ。金曜日に雨が降ったが週末は好天が予想され、乾いた芝でスピードを存分に発揮できそうだ。鞍上も変わらず前年200勝の山本聡哉騎手で、荒稼ぎしている1番人気馬での好走に期待する。

若鮎賞 予想【○マイラバー】

対抗はマイラバー。前年のベストロードでこのレースを制した名手・村上忍騎手が、前走に引き続いての騎乗となった同馬。前走は後ろからの競馬となった一戦だったが、今回のことを考えれば下地ができた印象もある。牝馬で馬格に見栄えはしないが相手なりに走るタイプで、メンバー強化の一戦でもこの点から問題なさそう。暑さの中でも馬体を減らすようなところも見られないし、順調なら今回も怖い一頭と言えるだろう。

若鮎賞 予想【▲サンエイフラワー】

3番手はサンエイフラワー。同馬は前走のファーストステップで芝の1000mを使ってきたが、このデビュー戦で1分を切る59秒7で走破。ミラクルジャガーとの比較で言えばタイム的にはやれていい。若駒の成長というのは急なものでもあるところだし、多少の馬体増などは消化できる範囲だと思われる。下河辺牧場の生産馬は体幹の強い馬が多く、実力発揮は可能と見て前残りの一頭として注目だ。

若鮎賞 予想【△オウレリア】

最後はオウレリア。同馬は5月のデビュー戦で芝の1000mを快勝したが、ダート戦を一戦挟んで前走芝でまた連対した。相手は今回本命に推したミラクルジャガーでコンマ2秒差、この着差なら対抗に近い評価も十分可能なところだ。ドリームジャーニー産駒で牝馬らしく戦が細いところはあるが、ダートでのパフォーマンスより芝が合うだけにここは勝負気配。馬券には必要だろう。

2018 若鮎賞 [馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで、◎~△の計6点で勝負! 若鮎賞は8月12日、盛岡競馬第12レース、18時10分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA