エルムステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想! | 本気競馬

エルムステークス2018データ分析予想 /過去10年の傾向から穴馬を予想!

jyusyodate_g3

第23回 エルムS(G3) 2018

2018/8/12(日)札幌競馬場で行われるのは、第23回エルムS(ダ1700m)。09年は新潟ダ1800m、そして13年は札幌競馬場の改修工事のために函館ダ1700mで開催。その後も日程の変更などもあったが、2015年から現在の日程に定着。昨年の勝ち馬ロンドンタウンは、続くコリアカップも快勝。2着テイエムジンソクも、その後GI戦線を賑わせた。今年も注目の一戦だが、まずは過去10年を振り返る。

エルムS 2018 データ分析予想

エルムS データ [単勝人気馬の傾向]

過去10年のエルムSにおける単勝人気別の成績を見てみると、1番人気は2勝3連対と不振傾向。それでも2・3番人気がしっかりとカバーをしており、1~3番人気で計8勝。残る1勝も4番人気と、1着候補に波乱は見込めない。

単勝人気 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
単勝1番人気 2.1.3.4
単勝2番人気 3.1.0.6
単勝3番人気 3.0.1.6
単勝4番人気 1.2.0.7
単勝5番人気 0.3.1.6
単勝6番人気 0.0.1.9
単勝7~9番人気 1.2.3.24
単勝10番人気下 0.1.1.36

エルムS データ [払戻金別の傾向]

馬連万馬券の09年は新潟開催。人気勢総崩れのケースがないだけに、比較的平穏な結果に。

開催年 上位3頭の人気 馬連払戻金 3連複払戻金 3連単払戻金
2008年 3-7-8人気 2170円 17240円 67490円
2009年 2-10-5人気 14290円 40350円 241320円
2010年 2-4-1人気 1750円 1330円 9100円
2011年 1-8-3人気 2890円 4490円 20850円
2012年 1-2-6人気 260円 1440円 3430円
2013年 3-5-1人気 2950円 1410円 15740円
2014年 3-5-10人気 3410円 29960円 117750円
2015年 2-5-7人気 1460円 16050円 63770円
2016年 7-4-1人気 9660円 5760円 68270円
2017年 4-1-8人気 850円 7760円 63650円

エルムS データ [ステップ別の傾向]

オープン特別から5勝、1600万から2勝とそれほど格が問われない傾向。

ステップレース 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
中央重賞 1.3.1.26
地方重賞 2.4.3.11
オープン特別 5.3.5.51
条件戦 2.0.1.5

エルムS データ [前走距離別の傾向]

適性が問われる一戦らしく、本番と同じ「前走1700m」組の成績が優秀。この組が上位3頭に入れなかったのは、12・14年の2回だけ。

前走距離 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
1200m 0.0.0.2
1400m 1.2.0.7
1600m 0.0.0.8
1700m 6.3.6.46
1800m 1.0.1.14
1900m 1.2.1.3
2000m 1.3.2.14

エルムS データ [馬齢別の傾向]

4歳馬が勝率・連対率・複勝率とも高いが、5歳馬も優秀。いずれにしても軸となるのは、この2世代。

馬齢 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
3歳 0.0.0.1
4歳 5.1.4.11
5歳 4.3.4.21
6歳 1.2.1.34
7歳上 0.4.1.31

エルムS データ [性別の傾向]

出走数が少ないとはいえ、牝馬は【0.0.0.7】。牡馬中心に。

性別 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
牡・セン 10.10.10.91
0.0.0.7

エルムS データ [前走着順別の傾向]

前走掲示板を外した組から6頭の勝ち馬が出ており、その内半分の3勝が2桁着順からの巻き返しだった。前走着順はそれほど気にしなくてもいい。

前走着順 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
1着 1.3.3.17
2着 1.1.0.8
3着 1.2.0.6
4着 1.0.1.7
5着 0.0.1.10
6~9着 3.3.4.32
10着下 3.1.1.41

エルムS データ [所属別の傾向]

勝ち数はともに5勝と、東西の格差はそれほど感じない。地方馬は【0.0.0.6】だが、今年参戦のリッカルドは2年前の当レース勝ち馬。例外と考えても良さそう。

所属 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
美浦 5.3.4.35
栗東 5.7.6.57
地方 0.0.0.6

エルムS データ [枠/馬番/脚質別の傾向]

(※新潟開催の09年、函館開催の13年を除く)枠番・馬番別の有利不利はさほどない印象だが、6勝14連対と先行馬の活躍が目立つ一戦。軸として信頼できるのはこのタイプ。追い込み2勝は、11年ランフォルセ・15年ジェベルムーサの2頭だが、いずれもマクッての快勝。末一手では厳しい。

枠番別の傾向

枠番 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
1枠 1.0.0.7
2枠 1.0.0.7
3枠 0.1.1.7
4枠 3.2.1.7
5枠 1.1.1.12
6枠 1.1.2.12
7枠 1.1.1.13
8枠 0.2.2.12

馬番別の傾向

馬番 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
1番 1.0.0.7
2番 1.0.0.7
3番 0.0.1.7
4番 2.1.1.4
5番 2.2.1.3
6番 0.1.0.7
7番 0.1.0.7
8番 1.0.2.5
9番 0.0.1.7
10番 1.1.0.6
11番 0.1.1.6
12番 0.1.1.5
13番 0.0.0.5
14番 0.0.0.1

脚質別の傾向

脚質 着順成績(※1着.2着.3着.4着以下)
逃げ 0.0.5.3
先行 6.8.2.7
差し 0.0.0.36
追込 2.0.1.31

エルムS 2018 データ分析まとめ

データ分析した傾向をまとめてみます。

人気別の傾向から
→1番人気不振でも、2~4番人気がしっかりカバー。1着候補は堅い。

ステップレース別の傾向から
→格は問われず、前走1700mを使ってきた組が優秀。

馬齢別の傾向から
→4、5歳馬が中心。7歳以上からの勝ち馬はなし。

脚質別の傾向から
→札幌ダ1700m開催の計8回で、6勝14連対の先行馬に注目。

この傾向から注目したい馬を3頭ピックアップ!

注目馬①/ハイランドピーク/牡4

年齢、ステップ、脚質とも減点材料が見当たらない。

注目馬②/ノーブルサターン/牡4

こちらもハイランドピーク同様。減点なし。

注目穴馬/リーゼントロック/牡7

年齢がネックだが、好走馬が多いマリーンS組。本来は先行脚質。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA