【MRO金賞 2018 予想】 | 本気競馬

【MRO金賞 2018 予想】

yosou_chihou

2018 MRO金賞 [レース予想]

昨年は最内枠のムーンファーストが制したMRO金賞。今年はハイレベルで進んできた東海の3冠路線から、ドリームスイーブルとウォーターループの2頭が参戦。石川ダービー馬のアルファーティハら地元勢を脅かしているが、先行馬乱立でペースはかなり速くなりそう。このあたり地の利がある金沢勢には有利と見られ、勝手知ったるコースで地元馬の躍動がありそうだ。

MRO金賞 予想【◎ノブイチ】

本命はノブイチ。先述のとおり今回の一戦は前が速くなりそうな展開が予想されるが、その中にあって同馬は差し脚が光る有力馬だ。門別デビューで金沢移籍後も着々と実績を積み上げ、遠征となった笠松のゴールドジュニアでも強豪相手に優勝を飾っている。一冠目の北日本新聞杯を大差で圧勝した実力は、3着に敗れたとはいえダービーの1番人気も納得。5戦4勝の藤田騎手とここも狙いの一戦だ。

MRO金賞 予想【○カネコメハナコヨ】

対抗はカネコメハナコヨ。同馬は今回10頭立ての10番枠からのスタートとなるが、出走メンバーを見る限り貴重な差し脚質の一頭だ。大外のスタート自体は問題にはならなそうだし、中央からの移籍後は常に馬券圏内と健闘している。父がマルカシェンクで距離延長に疑問が無いことはないが、前が引っ張る流れと地の利を活かした競馬が追い風になれば。

MRO金賞 予想【▲ドリームスイーブル】

3番手はドリームスイーブル。同馬は笠松所属馬の中でもハイレベルな一頭であるが、無敗で進軍していたサムライドライブの2着が3回もある。とにかく着順だけ見渡すと勝ち切れない印象も持つのだが、同馬が敗れた一戦は常に勝った馬のレベルが高い。自身が持てる力は常にレースで出し切れるタイプだけに、遠征先の金沢でもその実力は通用すると見る。

MRO金賞 予想【△ウォーターループ】

最後はウォーターループ。石川ダービー馬のアルファーティハとどちらを選ぶか迷うところだが、牝馬の2kg減と意外性のある友森騎手鞍上の同馬が特注だ。このコンビでは4戦して馬券圏外は一度もないが、距離適性の面でも今回の1900mで3着がある。それがハイレベルだった今年の東海ダービーでの実績なら、地元のスターと比較しても遜色ないところだろう。戦法も色々使えてペース次第で進出可能だ。

2018 MRO金賞 [馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで、◎~△の計6点で勝負! MRO金賞は8月9日、金沢競馬第11レース、17時40分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA