小倉記念2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表! | 本気競馬

小倉記念2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表!

oikiri2_1夏の小倉王者へ名乗りをあげるのは絶好調のこの馬!
猛暑の続く日本列島。今週の小倉記念はそんな暑さの中で発走となるだけに、夏に弱い競走馬がいかに状態を整えてきているかが鍵を握りそうです。状態面の良し悪しを判断するにはやはり追い切りの動きをしっかりとチェックするのが重要です。果たして絶好の動きを見せているのはどの馬なのでしょうか。

調教評価 A 自己ベストタイの好タイムをマーク
サトノクロニクル 栗東CW 83.1 67.1 52.1 38.0 12.0 強め 併せ遅れ
最終追い切りでは同じく小倉記念にエントリーしている同厩舎のマウントゴールドに併せ馬で遅れはとったものの、動きだけ見れば合格点の与えられるものであり、1週前にはCWコースで81.0 65.4 50.7 36.9 11.5という絶好の時計をマークしてこれが自己ベストタイの時計。この時計をマークしたのが、昨年暮れのチャレンジカップを制した際の時計であると考えれば、この小倉記念へ向けてしっかりと状態を整えてきていることがうかがえるところ。2走前には天皇賞春を制したレインボーラインに迫る2着と好走した地力もある馬だけに、状態さえ問題ないのであれば上位をうかがう可能性の高い1頭と評してよいでしょう。

調教評価 A 坂路で絶好の動きを見せた小倉巧者
ストロングタイタン 栗東坂路 53.0 38.6 25.0 12.2 馬なり
小倉コース3勝とメンバー上位のコース実績を誇るストロングタイタン。昨年の小倉記念こそ大敗を喫してしまいましたが、今年は状態面も良好。直前の追い切りは終いの反応を確かめる程度となりましたが、1週前に坂路で50.6という好タイムをマーク。坂路50秒台はキャリア2度目であり、前回自己ベストとなる50.3をマークしたのが重賞初制覇を遂げた鳴尾記念。ともなれば今回もそれと変わらぬ状態にあると判断することもできるだけに、ハンデを背負ってでも好走が十分に期待できるところではないでしょうか。

調教評価 A 1週前の動きはまさに絶好
トリオンフ 栗東坂路 55.3 40.2 25.8 12.4 馬なり
直前の追い切りは非常に軽めなものとなり、終いだけ軽く伸ばしてはきましたが物足りなさが残るところではありました。ただこれも陣営の予定通りのものであり、1週前には81.6 64.7 50.2 36.9 11.7をCWコースでマークして5F64秒台という破格の時計をマークしているのならば状態面が悪いわけはないといったところ。冬の小倉大賞典に続いて小倉記念を制しての小倉2冠を達成する可能性は十分にあると見てよい状態にあると言ってよさそうです。

他では、上記のサトノクロニクルに併せ馬で先着しているマウントゴールドも注目に値する動きを見せておりB評価は必要なところでしょうし、昨年2着のサンマルティンも昨年同様に小倉滞在で落ち着いた動きを見せているだけにB評価はつけておきたいところ。そこへ稽古駆けするキンショーユキヒメが今回も絶好の動きを見せているだけにこの3頭までをB評価にはピックアップしておきたいと思います。

keibajo_02

それでは今週はこの小倉記念で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA