ブリーダーズゴールドジュニアカップ 2018 予想 / ホワイトヘッド実績脚質十分脅威 | 本気競馬

ブリーダーズゴールドジュニアカップ 2018 予想 / ホワイトヘッド実績脚質十分脅威

yosou_chihou

2018/7/31(火)開催 門別11R ブリーダーズゴールドジュニアカップ
2歳オープン ダート 1700m(外コース・右) 定量戦

ブリーダーズゴールドジュニアカップ 2018 [予想印]

まだ走り始めたばかりの2歳馬の重賞であるが、中央競馬に比べて早くから2歳戦が始まる馬産地では、今後を占う重要な一戦が多く組まれている。このブリーダーズゴールドジュニアカップもそんなレースの一つであり、距離もこれまでの短距離とは違い1700m戦である。単純なスピードだけでは乗り切れないタフなコースで、将来性も含めた器が試されるところ。

ブリーダーズGJC 予想 【本命◎ ホワイトヘッド】

本命はホワイトヘッド。これまで3戦したが、前走のルビー特別(OP)は圧巻の走り。2走前の栄冠賞(OP)で見せ場なく敗れているが、それが嘘のように鮮やかな優勝を決めている。不良馬場でスピードが出る馬場状態だったとはいえ、1分50秒台の時計で駆け抜けられたことは収穫。他のライバルが距離経験に乏しいメンバー構成ゆえに、この実績と安定した先行脚質は十分に脅威。

ブリーダーズGJC 予想 【対抗○ サクセッサー】

対抗はサクセッサー。やはり距離経験という点はおろそかにできないところで、新馬戦を同コース快勝のこの馬に対抗評価を下した。騎手が桑村騎手というのも好感が持てるところであるが、前走同様逃げて競馬ができれば展開的にしぶとい。スローペースが濃厚そうなメンバー構成ということもあり、距離が持つのは分かっている分競馬もしやすいところだろう。時計さえつめられれば、逆転の可能性も。

ブリーダーズGJC 予想 【単穴▲ イッキトウセン】

3番手はイッキトウセン。前年の優勝馬サザンヴィグラスがそうであったが、スピードで押し切ることもまだ可能なこの2歳の夏。一筋縄ではいかないとはいえ、この馬の実績はやはり脅威。前走・栄冠賞(OP)は鮮やかな差し切りを決めたが、新馬戦からの脚質の転換にも動じなかった。鞍上の吉原騎手はまくりが得意な騎手でもあるし、スタミナさえ温存できれば最後の脚は怖いところ。

ブリーダーズGJC 予想 【連下△ ジョーパイロライト】

最後はジョーパイロライト。今回1枠1番と距離ロスが最もないが、鞍上も五十嵐騎手でその2点が心強い。3戦目で初勝利だが走った回数が多い分だけ、競馬そのものを吸収した前走の勝ち方だった。パイロ産駒は早熟性とスピード・スタミナを兼ね備えており、この馬も血統的にも楽しみが広がる一頭でもある。新馬戦ではイッキトウセンとコンマ1秒差の2着であり、対戦比較から言っても侮れない存在。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

ブリーダーズゴールドジュニアカップ 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑤ホワイトヘッド
  • 対抗○:④サクセッサー
  • 単穴▲:⑧イッキトウセン
  • 連下△:①ジョーパイロライト

馬券は馬複で、馬番①④⑤⑧のBOX、計6点で勝負!

[ブリーダーズゴールドジュニアカップ:2018/7/31(火)-門別競馬 第11R-20時40分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA