薩摩ステークス 2018 予想 / ベルウッドテラス態勢万全 | 本気競馬

薩摩ステークス 2018 予想 / ベルウッドテラス態勢万全

yosou_tokubetsu

2018/7/28(土)開催 小倉11R 薩摩ステークス
3歳以上1600万円以下 1700m (ダート) 定量戦

薩摩ステークス 2018 [予想印]

逃げ馬不在の展開で、前走引っ掛かってしまったタガノディグオにとってはレースの組み立てが難しいが、我慢が利けばマイネルトゥランの逃げ。ショーストーリーが好位で、メイプルブラザー・イーストオブザサンが中団。その直後からウェスタールンド・クレマンダルザス・ベルウッドテラス・ビスカリア。差す組は、仕掛けどころがポイントに。

薩摩S 予想 【本命◎ ベルウッドテラス】

全4勝中2勝が3年前の札幌ダート1700m、小倉ダート1700mでも小差3着の実績がある。前走の夏至ステークス(1600万下・ハンデ)は13番人気4着の快走だったが、もともとこれぐらは走れる馬。ようやく去勢の効果が出てきたとみていい。早めに小倉へ入厩し、態勢万全。前走フロック視なら、痛い目に合う。

薩摩S 予想 【対抗○ タガノディグオ】

3歳時に交流重賞・兵庫チャンピオンシップ(JpnⅡ)を快勝し、ジャパンダートダービー(JpnⅠ)3着の実績。それを思えば、降級戦の前走9着は物足りないが、全体的にスムーズさを欠いたことも確か。まともに走れば、圧勝があっても。

薩摩S 予想 【単穴▲ マイネルトゥラン】

3連勝で一気にオープン入りした輝きは色褪せてしまったが、稽古の動きを見ても極端に衰えは感じない。後方からの競馬となった前走も、ラストはそれなりに伸びてきたし、4走前の仲冬ステークス(1600万下)では0秒4差5着の接戦。ここは先行勢手薄だけに、ポンと行ければ粘り込みも。

薩摩S 予想 【特注☆ ビスカリア】

終い一手だけにどうしても展開頼みとなるが、ツボに嵌まれば強烈な伸び。正直、ここも展開微妙とはいえ、小回りコースならある程度は流れる可能性も。決め脚勝負なら。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

薩摩ステークス 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:③ベルウッドテラス
  • 対抗○:⑧タガノディグオ
  • 単穴▲:⑩マイネルトゥラン
  • 特注☆:⑦ビスカリア

波乱指数【40】

スロー濃厚の組み合わせだが、前で運ぶ馬の力も今ひとつ。意外にモツれる展開とみれば、クロフネビームスなど穴馬にもチャンス。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番③⑦⑧⑩の4頭BOX。計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA