TVh賞 2018 予想 / ブランドベルグが逃げて後続封じる | 本気競馬

TVh賞 2018 予想 / ブランドベルグが逃げて後続封じる

yosou_tokubetsu

2018/7/28(土)開催 札幌11R TVh賞
3歳以上1600万円以下 1800m (芝) ハンデ戦

TVh賞 2018 [予想印]

展開面を見ていくと、ハナを切りそうなブランドベルグだが、前走の中京1400m戦ではハナを切れなかっただが、今回の1800mであれば大丈夫そう。その後はメイショウフェイク・スティッフェリオ・ウインフェニックスが続き、ショウナンマルシェやプロフェットも好位で虎視眈々。ロライマ・ドレッドノータス・ハナズレジェンドが中団を追走し、後方からギブアンドテイク・ワールドレーヴ。平均よもやや早目で推移し、開幕週の馬場なら前が止まらない可能性は高い。

TVh賞 予想 【本命◎ ブランドベルグ】

前走の豊明ステークス(1600万下)は、デビュー以来初となるマイル以下の一戦。同型強力の顔ぶれもあったが、さすがに流れが忙しく、自分の形に持ち込むことができなかった。今回は機動力が生かせるコーナー4つの芝1800m。徹底先行型も見当たらず、持ち味のハイペース逃げで後続を封じる。

TVh賞 予想 【対抗○ ショウナンマルシェ】

前走の五稜郭ステークス(1600万下)は、渋った馬場が影響したとも取れるが、もともと好走が続かない所謂「2番が利かない」タイプ。札幌では昨夏のオールスターJ第2戦(1600万下)で3着と好走。上位2頭がクロコスミア・ゲッカコウで、4着に退けたのがウインフェニックス。まともに走れば能力上位で、この手のタイプは横山典騎手とも手が合う。

TVh賞 予想 【単穴▲ ブライトエンブレム】

札幌2歳ステークス(GⅢ)勝ちが3年前と遠い過去となりつつあるが、2走前の春興ステークス(1600万下)5着が示す通り、このクラスならまだ通用のレベル。開幕週だけに発馬がカギとなるが、仮に出遅れても小回りコースなら、早めに動く形で相殺可能。

TVh賞 予想 【特注☆ プロフェット】

京成杯(GⅢ)快勝を含め、コーナー4つの小回りコースならまず崩れないタイプ。広いコースでは最後に切れ負けするだけに、前走のむらさき賞(1600万下)は3ヶ月の休み明けで叩き台と割り切れる一戦。鞍上に「マジックマン」ことジョアン・モレイラ騎手を迎えて、必勝態勢。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

TVh賞 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:④ブランドベルグ
  • 対抗○:⑥ショウナンマルシェ
  • 単穴▲:⑭ブライトエンブレム
  • 特注☆:⑫プロフェット

波乱指数【60】

開幕週で馬場傾向にも注意だが、多少速くても止まらない絶好馬場。前で運べる組に伏兵馬の資格。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番④⑥⑫⑭の4頭BOX。計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA