金沢スプリントカップ 2018 予想 / エイシンスパルタンのスピードの違いは明らか | 本気競馬

金沢スプリントカップ 2018 予想 / エイシンスパルタンのスピードの違いは明らか

yosou_chihou

2018/7/24(火)開催 金沢11R 金沢スプリントカップ(JpnⅠ)
3歳以上オープン ダート 1400m(右) 別定戦

金沢スプリントカップ 2018 [予想印]

笠松からは連覇を狙ってライスエイトが出走してきたが、今年は昨年と比べても更にハイレベルなメンバー構成となった。大外枠のエイシンスパルタンは前走不良馬場とはいえ好タイムで駒を進めてきたし、日本海スプリントでは人気薄だったハドウホウも変わらず安定感を誇示している。兵庫・笠松・地元金沢勢の快速自慢が一堂に会して注目の一戦。

金沢スプリントC予想 【本命◎ エイシンスパルタン】

本命はエイシンスパルタン。さすがは中央で重賞に出走していただけの事はある馬。前走の園田・大阪スポーツ賞では不良馬場とはいえ、ダート1400mを1分26秒0の好タイムで走破して見せた。東京スプリント(JpnⅢ)・黒船賞(JpnⅢ)とダートグレード2戦はイマイチな結果で終わったものの、地方所属馬のみのレースではいずれも完勝を飾っている。スピードの違いは明らかで、それが活かせる金沢の舞台なら。

金沢スプリントC予想 【対抗○ ライスエイト】

対抗はライスエイト。先述したとおり前年の優勝馬だが、その後は出走数の割には2勝というのがやや少ない。今回は斤量面でも前年より3kg増しで、この点からもそう強気になれるところでは無いのも事実。それでも対抗に推した理由は夏場に強い牝馬な事と、内枠2番でそれほどペースが速くならないと見ているから。相手関係からも人気が下がるようなら積極的に買っていきたい。

金沢スプリントC予想 【単穴▲ ハドウホウ】

3番手はハドウホウ。この馬の良いところはどんな時でも安定感があることだが、前走・日本海スプリントも超短距離の900m戦を2着に奮闘して見せた。相手は金沢の雄・ジッテであり好位から粘りこめる脚質は距離延長でも魅力的で、相手なりに走る性質から上位評価も可能と判断。佐藤騎手とのコンビでこれまで18戦して12戦で連対を果たしているし、2着争いを考慮するなら侮れない存在。

金沢スプリントC予想 【連下△ ジッテ】

最後はジッテ。金沢所属馬で当地期待の存在であるが、今回は最内枠と良い枠を引き当てた印象。前走・日本海スプリントで上記のハドウホウに完勝していることからも、今回も同様に注目を怠れない。藤田騎手とのコンビで7戦6勝と勢いがあり、今の金沢古馬路線ではトップに近い存在と言える。他地区所属馬を撃退するなら、この馬が一番手評価で良かろう。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

金沢スプリントカップ 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑨エイシンスパルタン
  • 対抗○:②ライスエイト
  • 単穴▲:④ハドウホウ
  • 連下△:①ジッテ

馬券は馬複で、馬番①②④⑨のBOX、計6点で勝負!

[金沢スプリントカップ:2018/7/24(火)-金沢競馬 第11R-17時10分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA