吉野ヶ里記念 2018 予想 / サンマルドライヴが今回一番の目玉 | 本気競馬

吉野ヶ里記念 2018 予想 / サンマルドライヴが今回一番の目玉

yosou_chihou

2018/7/22(日)開催 佐賀12R 吉野ヶ里記念
3歳以上オープン ダート 1400m(右) 定量戦

吉野ヶ里記念 2018 [予想印]

重賞体系が見直されて、重賞総数が減った佐賀競馬。そんな中にあって吉野ヶ里記念は、サマーチャンピオン出走権を賭けた大事な一戦。前年の優勝馬であるマサヤは今回も出走を予定しており、鞍上も山口騎手だが、直近の走りを見ると今回は絶対的とは言えない存在。この馬の連覇を阻む存在が、古豪のウルトラカイザーになるか?それとも他の馬になるのか?次走を見据えた戦いを挑む注目の存在は現れるか?

吉野ヶ里記念 予想 【本命◎ サンマルドライヴ】

本命はサンマルドライヴ。佐賀夏の最大の目玉であるサマーチャンピオン(JpnⅢ)への前哨戦だが、その位置づけを考えると上昇度の高い馬に勝負気配があると思える。年齢を重ねていても勢いがあれば問題ないが、マサヤはウルトラカイザーに対して対戦比較で分が悪いし、ウルトラカイザーは10歳馬でサマーチャンピオン狙いかは疑問。若き5歳で前走・佐賀王冠賞(OP)で2着したサンマルドライヴが今回一番の目玉に映る。

吉野ヶ里記念 予想 【対抗○ ウルトラカイザー】

対抗はウルトラカイザー。現在10歳を迎えたダートの強豪古馬であるが、ダート界では古参の安定感が他を凌駕しやすい。パワーやスタミナが要求されやすい点がそうさせているが、芝の中距離を驀進する中央競馬とはそこが違う。鞍上の真島騎手とは17勝を挙げたコンビで、ハイレベルな北海道でも実績を残している馬。前走・前々走と2連勝中で不安は無いと思える。

吉野ヶ里記念 予想 【単穴▲ マサヤ】

3番手はマサヤ。その日の仕上がりが特に左右しやすいタイプの馬だが、夏場には問題がなく前年も優勝している。佐賀のダート1400m戦はこの馬にとってベストな舞台で、最内枠から逃げられそうな展開も追い風になる。外から仕掛けるオウノミチとの兼ね合いが鍵になるが、枠の差を考慮すればやはりマサヤに軍配が上がる。上位3頭は小差。

吉野ヶ里記念 予想 【連下△ リトルカントリー】

最後はリトルカントリー。2走前のレインボーカップで、この佐賀1400m戦を制しているが、良馬場のダートを1分29秒前半でまとめた走りは、重馬場だった前走2着だった大分川特別よりも今回に近い馬場で、試走としても注目できる一戦だったと思われる。特に追い込み馬で、漁夫の利を狙えそうな点が、マサヤとオウノミチの先行争いが激化した時には怖い。連下には必要。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

吉野ヶ里記念 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:④サンマルドライヴ
  • 対抗○:⑨ウルトラカイザー
  • 単穴▲:①マサヤ
  • 連下△:③リトルカントリー

馬券は馬複で、馬番①③④⑨のBOX、計6点で勝負!

[吉野ヶ里記念:2018/7/22(日)-佐賀競馬 第12R-18時10分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA