函館日刊スポーツ杯 2018 予想 / ヤマカツグレース見直せる | 本気競馬

函館日刊スポーツ杯 2018 予想 / ヤマカツグレース見直せる

yosou_tokubetsu

2018/7/21(土)開催 函館11R 函館日刊スポーツ杯
3歳以上1600万円以下 1200m (芝) 定量戦

函館日刊スポーツ杯 2018 [予想印]

展開面を見ていくと、まずコパノチャンスがハナへ。ラズールリッキー・モズスーパーフレア・ダノンスマッシュ・メイソンジュニアが先行集団を形成し、アマルフィコースト・クリーンファンキー・タイセイスターリー・ディバインコードが中団を追走。その直後に控える形でナンヨーアミーコ・アルマエルナト・ココファンタジアが続く形。スプリント戦らしく活気のある流れで、後ろの組も届く可能性は十分ある。

函館日刊スポーツ杯 予想 【本命◎ ヤマカツグレース】

結果は13着だった前走のTVh杯(1600万下)だが、敗因は洋芝適性云々ではなく、位置を取りに行く競馬が合わなかっただけ。インから差して勝利した3走前の大阪-ハンブルクカップ(1600万下)が示す通り、本来は溜めてこそのタイプで、現級では能力上位も明らか。当時と同じ鞍上の池添騎手に戻り、ここは枠も理想的。見直せる。

函館日刊スポーツ杯 予想 【対抗○ ココファンタジア】

未勝利快勝が叩き4戦目で、500万が叩き3戦目。そして1000万勝ちが叩き2戦目と、牝馬にしては渋いタイプで叩いて良くなる傾向。3ヶ月ぶりの前走・TVh杯(1600万下)の7着は気にする必要なく、ここへ向けての叩き台。舞台も2度目なら変わる。

函館日刊スポーツ杯 予想 【単穴▲ コパノチャンス】

この函館芝1200mで全3勝を挙げる巧者。太目が残りながらも最後までしぶとく粘った前走を見ても、やはりこのコースでは別馬の感。ここは相手関係も緩和され、馬体重が500kgを切ってくれば単まで届く可能性はある。

函館日刊スポーツ杯 予想 【特注☆ アルマエルナト】

前走のTVh杯(1600万下)はスタート後手。道中も余計に脚を使わなくてはならず、最後に脚色が鈍ったのもある意味納得だろう。滞在して使える今回は平常心も保てるはずで、4走前のサンライズステークス(1600万下)2着が示す通り、ここでは能力も一枚上。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

函館日刊スポーツ杯 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑤ヤマカツグレース
  • 対抗○:⑬ココファンタジア
  • 単穴▲:⑯コパノチャンス
  • 特注☆:⑪アルマエルナト

波乱指数【60】

大挙出走となるTVh杯組だが、今回は定量戦。斤量差で逆転の可能性もあり、別物と割り切りたい。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番⑤⑪⑬⑯の4頭BOX、計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA