岩鷲賞 2018 予想 / フォルス「待ってました」の一戦 | 本気競馬

岩鷲賞 2018 予想 / フォルス「待ってました」の一戦

yosou_chihou

2018/7/15(日)開催 盛岡12R 岩鷲賞
3歳以上オープン ダート 1200m(左) 定量戦

岩鷲賞 2018 [予想印]

昨年優勝のラブバレットが不在。そういう意味では出走各馬にチャンスのあるレースとなったが、少頭数で前に行く馬も乏しく、ペースとしては速くはなさそう。となれば、スピードで押すタイプが存在感を示しそう。あとは広い盛岡の1200mでうまく前をまくれるタイプで、前に行ったり後ろから行ったりのナムラバイオレットの取捨が鍵か。

岩鷲賞 予想 【本命◎ フォルス】

本命はフォルス。先述した前に行ってスピードで押すタイプの馬で、同型に乏しいこの一戦は「待ってました」と言ったところ。南関東からここ岩手に転厩してから4戦目だが、名手・村上忍騎手を背にまだ勝ち星は挙げられていない。とはいえ、村上騎手が乗り替わらずに連戦してきた素質馬でもあり、いよいよ追い風の吹く今回は主役を張って不思議ない。後続を意識することなく自分の競馬に徹してほしい。

岩鷲賞 予想 【対抗○ ナムラバイオレット】

対抗はナムラバイオレット。レースの度に戦法が変わる5歳牝馬だが、結果から言ってこの馬の実力を評価するべきと判断した。通常戦法が変わっても安定した結果が残せるのは充実の証で、前走の栗駒賞(OP)も5着と敗れているが、ラブバレットを含むメンバーだったところからも、距離の延長が堪えた面があっただろうし、2走前の早池峰スーパースプリント(OP)では重賞を制覇している。スピードは上。

岩鷲賞 予想 【単穴▲ イーグルカザン】

3番手はイーグルカザン。現在10歳を迎えているが衰える気配が全くなく、むしろ走りを重ねる度に経験を糧にしている馬。前走の栗駒賞(OP)でもラブバレットに2馬身半差で、確実に差してくる瞬発力は見限れないものを感じる。スプリントも3走前にきっちりこなして見せているし、穴を開ける可能性があるなら、この馬が一番手と見ている。外枠から強襲する。

岩鷲賞 予想 【連下△ メイショウオセアン】

最後はメイショウオセアン。前走の栗駒賞(OP)では3着に入線したが、前出のナムラバイオレットにコンマ9秒の差を付けている。1000mの早池峰スーパースプリント(OP)では、このライバルに勝利は譲ったものの、1200m戦では肉薄しておかしくない。勝ち切ることを考えると取りこぼしが多いのも事実で、その点4番手評価としたが実力にそう差はないと見る。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

岩鷲賞 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑥フォルス
  • 対抗○:⑦ナムラバイオレット
  • 単穴▲:⑨イーグルカザン
  • 連下△:⑧メイショウオセアン

馬券は馬複とワイドで、どちらも馬番⑥を軸に相手⑦⑧⑨の3頭へ流す形、計6点で勝負!

[岩鷲賞:2018/7/15(日)-盛岡競馬 第12R-18時10分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  7/29(日)開催【クイーンS】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 中京記念→果たして、こじはるの本命は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA