函館スプリントステークス2018追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表! | 本気競馬

函館スプリントステークス2018追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表!

oikiri3

サマースプリントシリーズ開幕戦を勝利で飾るのは絶好調のこの馬

函館スプリントステークスからいよいよ今年のサマースプリントシリーズが開幕となります。9月のGⅠ・スプリンターズステークスへと続くスプリント戦線で、まずは幸先よく勝利を手にするのはどの馬なのか?滞在競馬となるだけに、各馬の調整具合や状態面を追い切りの動きからしっかりとチェックして馬券的中に繋げていきたいと思います。

函館スプリントステークス 2018 [追い切り診断]

函館スプリントS 追い切り/ナックビーナス

ナックビーナス
函館W【73.1-57.0-41.7-13.6】馬なり
調教評価 A 1週前の動きは絶好

前走の高松宮記念でも3着と好走したナックビーナス。休養を挟んで5月中旬から乗り込みを再開すると順調に乗り込まれて、1週前には美浦の南Wコースで【62.6-48.2-34.6-12.3】と、4F50秒を切る絶好の時計をマークして好調をアピール。待望の重賞タイトル獲得へここは陣営も力の入るところではないでしょうか。ここも大崩れなく走ってきそうな気配がありますが、早めに抜け出すと気を抜く癖のある馬だけにそのあたりを三浦騎手がどう導くかにかかってきそうです。

函館スプリントS 追い切り/ティーハーフ

ティーハーフ
函館W【70.8-54.7-40.6-12.6】G前追う
調教評価 A 意欲的な攻め内容は買える

8歳になりはしましたが、前走鞍馬ステークスで勝利するなどまだまだ健在をアピールしているティーハーフ。2015年にもこの函館スプリントステークスを制していますが、ここは目標レースとばかりに調整も入念。早めに函館入りするとメンバー中最多の3本の追い切りを消化していずれも動きは軽快。状態面に関してはまったく心配なしと言えそうです。洋芝も対応可能であり、後は追い込み脚質だけにいかに展開が味方してくれるかにかかってくるのではないでしょうか。

函館スプリントS 追い切り/ダイアナヘイロー

ダイアナヘイロー
函館芝【76.0-61.6-48.3-36.2-11.9】G前追う
調教評価 A リフレッシュ効果伺える動き

前所属厩舎の解散により大根田厩舎に転厩初戦となった高松宮記念は力を出し切れずに終わりましたが、リフレッシュ休養を経てから乗り込みを再開すると1週前には坂路で52.0と好タイムをマークし、早めの函館入りから2本目の最終追い切りでも仕掛けられて抜群の反応を示してフィニッシュとすっかり疲れもとれてリフレッシュしている様子がうかがえるところ。滞在競馬が向くタイプでもあり滞在効果で活発な動きを見せているとも思われますが、武豊騎手を背にしっかりとスタートを決めて先手を奪えれば面白いところは十分にありそうです。

函館スプリントS 追い切り/セイウンコウセイ

セイウンコウセイ
函館W【67.3-52.9-38.8-12.9】G前追う
調教評価 A 稽古の動きは引き続き良好

昨年の高松宮記念の勝ち馬が、その後はなかなか結果を残せずにいますが、引き続き稽古の動きだけ見ると好調を感じさせるもの。函館での最終追い切りも時計のかかる馬場ながらに速い時計をマークしており、1週前の追い切りでも美浦南Wで【65.8-50.1-36.9-12.2】と絶好の動きを見せているように調教の動きだけ見れば文句なしといったところ。ここは最内枠を引いてしまっただけに行くしか選択肢はなさそうですが、きっちりとハナを奪って自分の競馬でどこまでやれるか、GⅠ馬の意地に期待してみたいところはあります。

函館スプリントステークス 追い切り/追い切りから見る他の注目馬

他では、洋芝巧者のエポワスが10歳馬ながら、衰えを感じさせない活発な動きを見せているだけにB評価はつけておきたいところ。後は函館芝コースで鋭い動きを見せたワンスインナムーですが、休み明けで函館直接入厩も追い切り本数が2本と少なく、育成で乗ってきているにしろ不安は不安ということで追い切りの動きだけ見ればA評価でも良さそうなところですが、調整過程という点でB評価にとどめておくことにします。もう1頭、人気になりそうなキングハートに関しては休み明けで直前の追い切りが非常に軽めであったことを危惧して、今回は評価をつけるならCもしくはD評価レベルであると診断したいと思います。

函館スプリントステークス 2018 [馬券のポイント]

今年の函館スプリントステークスはナックビーナスが1番人気に支持されそうですが、勝ち味に遅い馬でもありこれに続く、ワンスインナムーン・セイウンコウセイ・ダイアナヘイローあたりもチャンスはありそうで、ここは上位の能力拮抗の大混戦模様。かなりの馬にチャンスがありそうな大混戦ムードと言ってよいでしょう。

どのレースにも言えることですが、確信を持って狙える穴馬や激走馬がいなければ、迷いが生じる分買い目が膨らみ、たとえ的中したとしてもトリガミになる可能性は高くなる一方。どの馬を激走馬として狙うべきなのか?細かな部分をチェックした上で、「今回はくる」という確信を持って狙うべき馬を定める必要がありそうですね。

そういった細かい分析をできないといった方は、今回どうやって馬券を組み立てますか?一人で悶々と悩んでしまうなら、参考になる情報は確実に見ておいた方が良さそうですね。

keibajo_02

それでは今週はこの函館スプリントステークスで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 中京記念→果たして、こじはるの本命は?

★ 1週前出走予定馬 ★  7/29(日)開催【クイーンS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA